JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・情報ガイド
私の住む町Travel案内  ヴィチェンツァ Vicenza
15 Gennaio 2018

■おすすめレストラン(7)
ミシュランの1つ星
若手シェフの新感覚イタリアン!


エル・コック
El Coq` 


                  >>> ヴィチェンツァインデックスページへ

案内人 三浦和美



人は旅に出る時、毎日のストレスから遠ざかって、非日常的な体験を求めることがある。思い出深い旅をする為の重要ポイントとなるレストランには、安い予算で気軽に食事ができる場所もあれば、バースデーや記念日など、何か特別な日の為におしゃれをして心を高揚させながら出かける場所もある。今日は後者のタイプのレストランを探していらっしゃる方に最適の一軒をご紹介しよう。

2012年に弱冠25歳、イタリア料理界史上最年少にしてミシュランの星を獲得して以来、業界やマスコミの注目を浴び続けている天才シェフ、ロレンツォ・コーゴLorenzo Cogoのレストランがエル・コックEl Coqだ。以前はヴィチェンツァの郊外にあったトラットリアが、2016年7月に町中で一番美しいロケーション、シニョーリ広場に移転した。レストランの窓辺からは白亜のパッラーディオ建築、バジリカのパノラマが目の前に迫り、臨場感に溢れる。

シェフのロレンツォ氏は3代続くシェフの家系。店名のEl Coq(雄鶏)とは、お父さんの若い頃のあだ名で、物心ついた時から料理を教えてくれた父への敬意をこめているそうだ。調理学校を卒業後、日本を含めた世界6か国の有名レストランで5年間修行を積んだ経歴を持つ。彼が作る料理は、祖父や父から受け継いだ伝統的な料理の殻を破り、自由な感性が光るコンテンポラリーなイタリアンだ。季節ごとに変わるメニューはアラカルトでも注文できるが、やはりコース料理をお薦めしたい。基本コースのソスタンツァSostanza(130ユーロ)は5品コース、何が出てくるかはシークレットのエスペリエンザEsperienza(150ユーロ)は10品コースだが、一品ずつの量は控えめなので、食の細い日本人でも途中でお腹が一杯になり過ぎる心配は無用だ。

レストランの入口はかなり見つけにくく、まさに隠れ家方式である。一階にある同経営のカフェ・ガリバルディCafe Garibardiのテラスをシニョーリ広場から見て右側にあるガラスの扉がレストランの入口だ。扉の右側の壁にインターフォンがあり、El Coqと明記されたボタンを押すと、カメリエーレが扉を開けに来て、2階まで案内してくれる。ディナーの前と後には親日派でもあるロレンツォ氏が各テーブルのお客様ひとりひとりにあいさつに周る。テーブル数は9つとキッチンの中がガラス越しに見ることができる「シェフテーブル」が1つ、合計10テーブルのみなので、予約は必須である。

余談だが、Cogoという名字、ヴェネト方言でCuoco(料理人)を意味する。ロレンツォ氏にとってシェフはまさに天職ということなのだろう。これからの活躍がますます期待される。


レストラン・データ
 

El Coq
エル・コック

住所:Piazza degli Signori, 1 36100 Vicenza
Tel:+39-0444-330681
ホームページ:www.elcoq.com
E-mail :ristorante@elcoq.com
場所:バジリカより徒歩30秒
サービス:イタリア創作料理
営業時間:19:30-22:30 (月曜日休み)
料金の目安:ディナー150ユーロから。
Credit cards:Visa、Master、Amex、Diners


※ヴィチェンツァへのアクセスなど一般情報は、おすすめ一日観光コース(1)のデータ部分をご参照ください。

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.