JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
15 dicembre 2009

第2回 テルニ
愛の聖人ヴァレンティーノが眠る聖地


粉川 妙

山深くミステリアスな場所…中世からヨーロッパの人々はこんなイメージをウンブリア州に抱いていたようです。カトリックの修行のメッカで、深い森や洞窟にこもる信者も少なくありませんでした。ウンブリア出身の聖人といえば、聖フランチェスコや聖女キアラ、聖ベネデットなど。そしてバレンタインで馴じみ深い聖ヴァレンティーノも、この地に縁があります。

ローマから100km北東に位置するテルニ。近代、工業都市として製鉄業が発達し、そのため第二次世界大戦では爆撃で街の大部分を焼失しましたが、戦後、不死鳥のように再生した都市です。そのテルニの守護聖人がヴァレンティーノなのです。
彼が眠る聖ヴァレンティーノ教会(16世紀)は、駅から徒歩30分ほどの所にあります。教会内の内陣席中央(礼拝堂の奥の別室)には聖ヴァレンティーノの井戸と呼ばれる堂があり、世界中から届けられた愛の手紙が集められています。興味のある方は是非!堂に入るには隣接する修道院の修道士に一声かけることも忘れずに。そこで出会った修道士が、「テルニはなんたって、愛の街だから」と純粋に、でも誇らしげに言っていたのが印象的でした。

写真トップ@: 世界中からの愛の手紙が集められている「聖ヴァレンティーノの井戸」
下左A: 聖ヴァレンティーノの彫刻像、中B: ドゥオーモ、右C: ドゥオーモ地下のクリプト

愛の行事といえばヴァレンティーノの殉教日"2月14日"でしょうか。そのバレンタインデーにあわせて2月中旬にはチョコレートの祭典『チョコレンティーノ』が大々的に催され、街はスイートに彩られます。(2010年は2月11日〜14日)旧市街にチョコのメルカートが常設されるほか、チョコでできた巨大なモニュメントを製作したり、無料のお菓子教室があったりとなかなか楽しめる内容です。またテルニの伝統菓子を楽しむならタチト大通り(Corso. Tacito10)にあるパステッチェリア・パッツァッリャpazzagliaがおすすめ。ご当地のチョコレート菓子『パン・ペパート』は、ナッツたっぷりでコショウがほのかに効いた大人の味です。
街の見所ですが、旧市街はレンガ造りの落ちついた街並みで、歩道も広く、待ち歩きを楽しむのに最適です。特にドゥオーモの地下のクリプタは一見の価値あり。ローマ式の柱やドレープが美しいく、歴史の重みを感じさせます。(閉まっていたら、管理人に声をかけてみてください。運が良ければ解説もしてくれますよ。)
そして余力があったら訪れたいのが、ロマネスク様式の概観が美しいサン・フランチェスコ教会(13世紀)やサン・サルヴァトーレ教会。いずれも旧市街にあります。

写真左D: 市場の野菜売りのおばちゃん
右E: テルニ郊外にあるヨーロッパ随一の高さを誇るマルモレの滝

とりわけ市場は街一番のパワースポットです。現地の熱気に触れたいなら足を運んでみて。肉、野菜、魚やサラミなどを売り買う人々の活気あるやり取りを垣間見ることができます。天秤量りを持った野草売りのおばちゃんもいて、かなりレアな風景に出会えるかも。(タチト通り沿いのpiazza del mercato、日曜休業)他にも雑貨屋やアートの店などのキッチュな店も多く、自分好みの店を探しながら歩くのも一興(ヴェッキオ通り)。またブランドや洋服などは、ゴルドーニ通りやカブール通りなど。12月のクリスマス市も品揃えと規模の大きさで有名です。

郊外には、ヨーロッパ随一の高さを誇るマルモレの滝があります。ローマ時代に造られた人口の滝ですが、放水時間になると、それはものすごい爆流を目にすることができます。(要入場料)
駅前のターミナル発のATCバスのKでどうぞ。http://www.atcterni.it/inv08/21u.pdf 
放水時間はこちら。http://www.comune.terni.it/servizi.php?id=255&op=viewservizio

半日もあればテルニ市内の街歩きは楽しめるので、郊外の自然散策と組み合わせて訪れるのもいいですね。愛の聖人を祭る街だから(?)か、市民はとっても人懐こくて陽気です。レストランやバールで、地元の人と交流するのも旅の良い思い出になることでしょう。

ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜  著者プロフィール
粉川 妙 (Kokawa Tae)

中部イタリア、ウンブリア州スポレート市在住。ライター。
2005年スローフード協会の料理学校italcookのマスターコースを修了し、その後一年間のステージ(実地研修)を終え、イタリア地方料理を学んだ。地産地消、伝統料理の継承と革新、自給率など、関心テーマ。『ブタについての文化人類学的考察』を学士論文で書いて以来、ブタに関する食や文化をライフワークとする。最近はもっぱらAISのソムリエ資格を取るために奮闘中。
「スローフード」と「ウンブリア 美食の旅」情報満載のサイト 『ウンブリアの食卓から』 http://slowfood1.web.fc2.com/ 主宰。 日々の生活は『butakoの2年間の休暇』http://butako170.exblog.jp をどうぞ。
2008年8月に発売したフォトエッセイ『スロー風土の食卓から』(扶桑社)も、好評発売中。


データ
Dati
Terni テルニ Terni

■テルニTerniへのアクセス:
電車で行くには
ローマ→テルニ(アンコナ方面)ES、R:およそ1時間
市内中心まで、徒歩15分ほど

■チョコレンティーノのサイト http://www.cioccolentino.com/

■おススメのレストラン
伝統料理を多彩にアレンジしたレストラン 
La Piazzetta
住所:Via Cavour, 9 Terni
電話:0744 58188
営業時間:13:00-15:00, 20:00-23:00
定休日:日曜日
http://www.lapiazzettaristorante.it/

写真クレジット
ABE:Foto di archivio fotografico del comune di Terni
@CD:筆者(粉川妙)撮影


ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.