JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
15 gennaio 2010

第3回 ノルチャ
ヴァルネリーナの谷にある黒トリュフと生ハムの里


粉川 妙

前回紹介したテルニから北へ30kmほど行くと、ヴァルネリーナという地方があります。澄んだ水をたたえたネーロ川やアペニン山脈の山々に囲まれた自然あふれるエリア。そこに今回紹介するノルチャの街があります。

世界的に有名なノルチャの生ハム。脂肪の少ない赤みの肉質は、うま味が凝縮しており、力強い味です。ノルチャ一帯では紀元前数世紀も前から生ハム作りが行われてきました。豚肉を扱う技術に長けたノルチーノ(ノルチャの人)は、ローマにも出稼ぎに行くようになり、その評判はイタリア中に知れ渡ったと言います。イタリアで、豚肉を主とした精肉店のことを『ノルチネリア』と呼ぶのは、その名残りなのです。
写真トップ@: ノルチャ近郊で採れる黒トリュフ
下左A: 豚を解体する「ノルチーノ」、中B: 生ハム・サラミ盛り合わせ、右C: サラメリア(豚肉加工品店)

ノルチャはヴァルネリーナ地方の真ん中に位置し、最寄りの国鉄スポレート駅からバスで50分ほど要します。中世に作られた門をくぐり、街に一歩踏み入れば、まあ!なんと多いサルメリア(豚肉加工品店)。街のあちらこちらにあるサルメリアでは、店頭にイノシシのハク製を置いたり、ネズの実で装飾した生ハムを飾ったりと、目を楽しませてくれます。

街は徒歩ですべて見て回る大きさで、半日もあれば十分観光できます。街の中心にあるサン・ベネデット広場は、その名のとおり聖ベネデットの像が君臨し、街を、谷を、いやヨーロッパ中を見守っています。なぜなら彼はベネディクト修道院を築きあげた5世紀の聖人で、ヨーロッパの守護聖人としても祭られているから。そしてこの広場に面したサン・ベネデット聖堂は必見です。地下のクリプタに降りて、14世紀代のフレスコ画も鑑賞しましょう。
また同年代に作られた市庁舎やサンタ・マリア・アルジェンタ教会(16世紀)など、この広場を中心に見所があります。

写真左D: 黒トリュフ祭り、中E: 聖ベネデット像と大聖堂、右F: カステッルーチョのレンズ豆スープ

そうそう、生ハム以外にノルチャを有名にしているのが、黒トリュフでしょう。ノルチャ近郊で採れる黒トリュフは質も良く、珍重されているんですよ。地元の手打ち面ストランゴッツィを、ガリガリと削ったトリュフソースで和えると、もう最高! 
毎年、黒トリュフ祭りが2月末のウィークエンドに盛大に行われ、他県からも大勢の人が訪れます。トリュフを売る屋台のほかに、近郊のペコリーノチーズやハチミツ、多くの物産が売られているので、興味がつきません。
ノルチャの街から15km東のモンテシビリーニ国立公園内にあるカステッルーチョ村はレンズ豆の産地としても有名です。冷涼な気候のため無農薬栽培が可能なここのレンズ豆は、鉄分の含有が多く、小粒で滋味深い味。また6月頃にはピアン・グランデと呼ばれる大平原に、巨大な花畑が出現し、イタリア百景の一つとして人々を魅了しています。
ウンブリアの秘境と呼ぶのにふさわしいノルチャは、まさに歴史と自然が共存する場所なのです。

ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜  著者プロフィール
粉川 妙 (Kokawa Tae)

中部イタリア、ウンブリア州スポレート市在住。ライター。
2005年スローフード協会の料理学校italcookのマスターコースを修了し、その後一年間のステージ(実地研修)を終え、イタリア地方料理を学んだ。地産地消、伝統料理の継承と革新、自給率など、関心テーマ。『ブタについての文化人類学的考察』を学士論文で書いて以来、ブタに関する食や文化をライフワークとする。最近はもっぱらAISのソムリエ資格を取るために奮闘中。
「スローフード」と「ウンブリア 美食の旅」情報満載のサイト 『ウンブリアの食卓から』 http://slowfood1.web.fc2.com/ 主宰。 日々の生活は『butakoの2年間の休暇』http://butako170.exblog.jp をどうぞ。
2008年8月に発売したフォトエッセイ『スロー風土の食卓から』(扶桑社)も、好評発売中。


データ
Dati
Norcia ノルチャ Norcia

■ノルチャへのアクセス:
国鉄でローマ→スポレート(アンコナ方面) IC:1時間30分、R:およそ1時間45分
バスでスポレート国鉄駅前もしくは、Piazza Vittoria からノルチャまで 所要時間50分
時間帯
スポレート発 6:55(f)、7:40(F)、10:00、13:35(S)、14:05(f)、17:10、20:00(f、F)
ノルチャ発  6:15(F)、7:00(S・f)、9:00(F)、11:30(f)、14:05、16:00(f)、18:00
f=平日のみ F=日祝日のみ S=学校のある期間のみ  

■黒トリュフ祭 Nero Norcia2010
2月19日(金)〜21日(日)、2月26日(金)〜28日(日)
ノルチャ旧市街 
サイト:http://www.neronorcia.it/

■市街地にあるおススメのレストラン
街中のレストランでおすすめなのが、農家の営むレストラン「カンティーナ・デ・ヌルシア」と洗練した郷土料理を出す「グラナロ・デル・モンテ」。どちらも地産の食材を使った上質な伝統料理が食べられます。

Ristorante Cantina De Norsia
Azienda Agraria di Coccia Camillo
Via Dante25, Norcia (PG)
Tel. 0743.816395
定休日:水曜日
農家が営む、安くておいしいレストラン

Ristorante granaro del monte
Via cesare battisi,12  hotel Grotta azzurro内
Tel:0743−816513 定休日なし
ホテルつきのレストラン、大人数ならスポレートから送迎もしてくれる。

写真:すべて筆者(粉川妙)撮影

ウンブリアの風 〜12ヶ月の歳時記〜
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.