JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
市長が語る我が町観光自慢
 
月5回発行、
JITRAメルマガ
登録はここから!

メ-ルアドレス入力

メルマガ案内
15 Marzo 2017

ロヴェレート Rovereto
文化と革新を目指す歴史豊かな町         




ロヴェレート市長   フランチェスコ ヴァルドゥーガ氏
Sindaco di Rovereto   Francesco Valduga

photo1 photo2 photo3 photo4

※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:ロヴェレート市



ロヴェレート市長  フランチェスコ ヴァルドゥーガ氏へのインタビュー

JITRA:市長さん、ロヴェレート市とその近郊について教えてください。

市長: ロヴェレートはトレンティーノ・アルト・アディジェ州トレント自治県にある人口約39000名の都市であり、ヴァッラガリーナの中心都市です。ディスティネーションとしてとても興味深い場所です。なぜなら数分で山岳地域や丘陵部に行くこともできれば、ガルダ湖にも簡単に行ける距離にあるのです。同時にボルツアーノやヴェローナとの距離も車で50分程度で、まさに、ヨーロッパの北と南を結ぶ幹線の中心地にあることが、過去何世紀にもわたって、この地域に恩恵をもたらしてきました。この道を、ゲーテやモーツアルトを乗せた馬車も辿ったのです。そしてまさにこの道を通って1960年代経済ブームの工業化も到達したのでした。

さらに、アディジェ川の存在も重要です。現在では、川沿いにとても美しい自転車道路が整備され、毎年何十万人もの人々がサイクリングを楽しんでいますが、過去数世紀においては、まさにこのアディジェ川のおかげで舟の航行そして平原部との交易が可能となってきたのでした。

今日、ロヴェレートは、改めて文化とイノヴェーションに転換を図る町づくりをすすめています。

JITRA: JITRA: ロヴェレートの観光面での特徴は何でしょうか。

いうまでもなく「絹の町」であったことでしょう。蚕栽培と河川水路のおかげでシルク生産が繁栄したことで、ロヴェレートは18世紀啓蒙時代の都市となり、豊かさと知性を惹きつけたのです。音楽家・作曲家リッカルド・ザンドナーイの名のついた18世紀建築の「ザンドナーイ劇場Teatro Zandonai」もそれを表す具体例です。この劇場はトレンティーノ地方で誕生した最初の劇場です。 このことはまさにわが町が芸術分野で先駆的存在であり、知識人や実業家を魅了してきた中心地であり、文化施設整備の上でもパイオニアであることを物語っています。

ロヴェレートでは様々な重要イベントを開催しています。「東・西ダンス・フェスティバル Il Festival di danza Oriente Occidente」、「教育フェスティバルEduca Il Festival dell‘Educazione Educa」。そしてクリスマス時には、町中がクリスマス市で華やぎ、その中心行事が「ナターレ・デイ・ポポリ Natale dei Popoli」です。

JITRA:では、ロヴェレートで見逃してはならない場所、イベントを教えてください。

市長: まずは、上述した「ザンドナーイ劇場」です。ベッティーニ通りCorso Bettiniにありますが、この通りには重要な文化施設が勢揃いしています。市立図書館のあるアンノーナ館、マリオ・ボッタ設計の現代美術館「Mart (Museo di Arte contemporanea)」, アルベルティ・ポイヤ館 Palazzo Alberti Poja、そしてロヴェレートの貴族、ボッシ・フェドリゴッティ家の居住していたダーメ・イングレージ館 Palazzo Dame Inglesiがあります。 

そしてロズミーニ通りCorso Rosminiに入ると、ダル・ベン館 Palazzo Dal Benがあります。これはかっては貴族の館であり、現在は重要な銀行財団本部が置かれています。そして偉大な哲学者アントニオ・ロズミーニの生家、ロズミーニ館 Palazzo Rosmini。

町の旧市街に行くためには、道に連なる館に沿って南に進むと、大変美しい通りであるメルチェリエ通りVia Mercerieやリアルト通りVia Rialtoにでます。ここにはサン・マルコ教会そして未来主義美術館カーサ・デペロCasa Depero館があり、さらに進むと、市庁舎と「ヴェネト城 Castel Veneto」があります。

JITRA:市長さんおすすめのレストランや特産品を教えてください。

市長: ロヴェレートには、飲食店・レストラン等が豊富で、トレンティーノ料理はヴァラエティ豊かな郷土料理を提供しています。こうした地元食文化は、そのPRおよび、再発見のために「VisitRovereto」マークで発信されており、ソーシャルメディアでもとりあげられています。
ロヴェレートでどんなものをどこで食べられるかを最新の情報を入手したい旅行者の方々には、こちらにいらっしゃる前に是非、ロヴェレート&ヴァッラガリーナ観光局サイトをご覧になることをおすすめします。当サイトは、まさに、旅行者の方々が地元グルメを楽しんでいただくために用意されたものだからです。
(http://www.visitrovereto.it)

JITRA:最後に市長さんから日本の旅行者のみなさんにメッセージをお願いします。

市長:日本の旅行者の方々は、イタリアの文化資産を評価する感性や能力に満ちているという意味で、我が国にとって大変興味深いターゲットであることを承知しています。したがって、文化に憧憬の深い皆様であるからこそ、トレンティーノの「アテネ」とも言われているわが町ロヴェレートをより理解していただく上で、沢山の訪問コースをみつけていただけるに違いないと、確信しております。

ロヴェレート データ
Dati di Rovereto  

■アクセス
鉄道:ヴェローナ・ポルタ・ヌオーヴァ(Verona Porta Nuova)からボルツアーノ方面行列車で40分から1時間強程度、ロヴェレート駅下車。
あるいは、ボローニャ(Bologna Centrale)から、ボルツアーノ方面行列車EurocityやFrecciargentoで1時間40分程度、ロヴェレート駅下車。

■ツーリストインフォメーション
ロヴェレート観光局
Ufficio informazioni Rovereto
Piazza Rosmini, 16 - 38068 Rovereto (TN)
T. +39 0464 430363 - F. +39 0464 435528
info@visitrovereto.it

注:旅行関係オペレーターの皆様には是非、情報満載の下記ロヴェレート市役所サイトもご覧いただきますようおすすめします。

ロヴェレート市役所
COMUNE DI ROVERETO
Piazza del Podesta- 38068 Rovereto (TN)
www.comune.rovereto.tn.it


Marche


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.