JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
北イタリア ロマーニャ地方の小都市めぐり  
15 Dicembre 2015

第2回
塩の町 チェルヴィア 
今も昔ながらの製法で生産  



 
夏本あき 



チェルヴィアは、ロマーニャ地方のラヴェンナ県にあります。チェルヴィアは、ミラノから約280キロ、ボローニャから約100キロ、ラヴェンナから約20キロ、リミニから約20キロに位置しているアドリア海沿いにある海辺の町です。電車では、ボローニャからラヴェンナ経由で所要時間2時間前後の距離です。


写真トップ@塩収獲の労をねぎらい喜びを分かち合うイベント「ラ・リメッサ・デル・サーレ」
写真上ABチェルヴィアの塩田風景 

●ローマ時代から塩の生産
他の海辺の町と違う点が、チェルヴィアにはあります。それは、この町に塩田があることです。白い金/ORO BIANCOと呼ばれるチェルヴィアの塩は、この町にとって重要な物の一つと言えます。ローマ時代にはすでに塩の生産がされ、お金持ち、商人たちの間で貴重な物として流通していました。また中世時代には、チェルヴィアの塩はロマーニャ地方だけではなく、ロンバルディア地方でも流通し、ロマーニャ地方の経済にとって不可欠な物でした。 

写真上C「世界の塩」の展示

「塩田カミローネ/Saline Camillone」では、チェルヴィアに古くから伝わる昔ながらの製法によって塩の生産を行っています。時期に限りはありますが、この塩田カミローネを訪れたい方は末尾を参照してください。

●独特の「甘い塩」が評判
塩化カリウム、塩化マグネシウムは、結晶にする為に時間が掛かるものですが、チェルヴィアでは昔ながらの製法を使って生産している為、塩の苦みを少なくする事が出来ています。この製法によって苦みを抑えて作られた塩は、「SALE DOLCE/甘い塩」として評判を得ています。イタリアの食卓には欠かせないサラミ、チーズ作りにもこのチェルヴィアの塩が評価され使われています。 

ローマ法王にも献上されているこの塩、是非チェルヴィアに来られた際には、試して頂きたいと思います。食用の様々な塩の他にボディケア、石鹸なども取り扱っています。

写真上DE塩博物館の展示   

●塩の歴史を紹介する博物館も
更に詳しく塩について知りたい方は、チェルヴィアの財産である「塩」に関する歴史を失わない為に建てられた「塩博物館MUSA(IL MUSEO DEL SALE)」をお勧めします。塩博物館MUSAは、古い文書、写真、道具など様々な物が展示されています。

写真上左F塩博物館の展示   写真上右G塩博物館受付では、寄付をすると塩を受け取ることができる

●9月には塩のフェスタ「Sapore di Sale」開催
毎年9月には「サポーレ・ディ・サーレSapore di Sale」というフェスタが行われています。このフェスタは、チェルヴィア運河沿いに多くのスタンドが並び、多くの人で賑わいます。並んでいるお店には、塩を使った商品、チョコレート、サラミ、トローネなど様々な物が並んでいます。

写真上左H塩のフェスタ「サポーレ・ディ・サーレSapore di Sale」   写真上右I様々な塩が販売

チェルヴィア運河の周辺を歩いているとあちこちでタリアテッレ、リゾット、サルシッチャソーセージ、魚が挟まれているパニーノ、焼き立てパン、ドルチェなどの美味しそうな物を食べている人達を見かけます。いつも思いますが、ロマーニャのフェスタは食べるには困りません。そして、ロマーニャの人達は、美味しい物が大好きなので本当に良く食べるので、その姿を見て感心してしまう程です。

写真上JK塩の収獲の労をねぎらい喜びを分かち合うイベント「ラ・リメッサ・デル・サーレ La Rimessa del Sale」

このフェスタで重要なイベント「ラ・リメッサ・デル・サーレLa Rimessa del Sale(塩の収獲の意味)」。これは塩田で働く人々が大変な仕事を9月で終えるので、みんなで喜びを分かち合うお祝です。船で運ばれて来る塩人々に無料で提供している為、地元の多くの人々が、長い行列を作りお祝に参加します。

●町の中心には美しいカテドラル
町の中心地に1702年-1712年の間にフランチェスコ フォンターナのプロジェクトの元に建てられたシンプルな形式の市庁舎、1699-1702年の間に建てられた正面が石で出来ているとても美しいカテドラルが市庁舎の正面にあります。他にも自然公園、温泉、蝶の家などまだまだ数多くの見所があり、海以外に多くの見所があるのがチェルヴィアの魅力では無いかと思います。

写真上左Lカテドラル  写真上右Mチェルヴィア市庁舎 

●新鮮な魚とワイン、ジェラートも
チェルヴィアの食といえば、ロマーニャ地方では欠かせないピアディーナ。ロマーニャ地方でも都市によってレシピがちがいますので、是非、食べ比べをして欲しいと思います。

写真上左Nリゾットと魚のフリット  写真上右Oジェラート屋「L’angolo del bio」

レストランでお食事をする場合には、アドリア海で獲れた新鮮な魚とチェルヴィアのd.o.c.ワイン、トレビアーノ・ディ・ロマーニャがお勧めです。また歩き疲れたら、市庁舎の裏側にあるジェラート屋「L’angolo del bio」で甘くて美味しいジェラートを食べて一息するのも良いでしょう。



案内人プロフィール
夏本あき (Natsumoto Aki)

OL,添乗員を経験した後に2001年からイタリア在住。現在ロマーニャ地方に住み、主に個人輸入代行を行っています。  
http://naturavita.blog54.fc2.com/


北イタリア ロマーニャ地方の小都市めぐり  データ 

■チェルヴィア  Cervia     (ラヴェンナ県 Provincia di Ravenna)    

■アクセス
<列車> ボローニャからラヴェンナ乗り換えで「Cervia-Milano Marittima」駅下車。所要時間2時間前後の距離。

■主な見所・イベント
開催時期:毎年9月
http://www.cerviasaporedisale.it/

塩田カミローネ  Saline Camillone
住所:Via Salara 1, 48015 Cervia   
開館期間:6月1日-9月15日

塩博物館  MUSA DEL SALE(MUSA) 
住所:Magazzino Torre 48015 Cervia
開館時間:9月16日-5月31日  土、日、祝15.00-19.00
6月1日-9月15日 20:30-23:30
Tel:0544-977592

■ジェラート店
ランゴロ・デル・ビオ L’angolo del bio  
住所:Via circonvallazione sacchetti 143
Tel:0544071602
営業時間:月−木: 11:00-22:30, 金、土: 11:00-23:30, 日:11.00-22:30




北イタリア ロマーニャ地方の小都市めぐり
アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.