JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
緑満ち心に響くウンブリア
15 Gennaio 2016

第6回 

グッビオ
古代ウンブリア人と神父探偵の町

  
文と写真  石井直子 
●中世の街並みの美しい町
ウンブリア州の北東、マルケとの州境近くにあるグッビオGubbioは、白を基調とした中世の町並みが美しい町です。イタリア最古の民族とされる古代ウンブリア人が記した青銅板文書が発掘され、古代ローマ時代の劇場が残る歴史の町であり、世界最大のクリスマスツリーもあります。グッビオの美しい風景は、2月からは日本でも、ご覧になる機会が多くなることでしょう。

写真トップ@中世の街並みの美しい町、グッビオ
写真上左Aグッビオのパノラマ   写真上右Bグッビオの世界最大のクリスマスツリー

●人気ドラマ「ドン・マッテーオ」と世界最大クリスマスツリー
と言うのも、グッビオを舞台とするイタリアの人気ドラマ、『Don Matteo』が、2月から、いよいよ日本でも放映されるからです。(写真C) ドラマでは、神父探偵ドン・マッテーオが、事件解決のために、グッビオの町や周囲の山野を、自転車でさっそうと駆けめぐります。

写真上左Cグッビオを舞台とするイタリアの人気ドラマ、『Don Matteo』   
写真上右D神父探偵ドン・マッテーオが駆け巡るグッビオの町

イタリアでは1月から新シリーズが放映されるのですが、その予告編の映像に、グッビオの世界最大のクリスマスツリー(写真B)も登場していました。高さ750m以上、根本の幅450mを誇るこのツリーは、1981年のクリスマスに、ボランティアの手によって完成し、グッビオの町を見下ろすようにそびえる山、インジーノ山の斜面に、色とりどりの光によって描かれています。

●グッビオの守護聖人をまつる聖ウバルド教会
ツリーの写真の高み、右手に見える建物は、グッビオの守護聖人をまつる聖ウバルド教会Basilica di Sant’Ubaldo(写真E)です。グッビオの中心街は、しばらく散歩すればくまなく訪ねることができ、美しい教会や歴史的建造物が多いのですが、さらに歩きたい、眺めを楽しみたいという方は、中心街の入り口から、この聖ウバルド教会まで歩くと、道すがら、そして教会近くから、グッビオや四方の山の美しい風景を眺めることができます。

写真上左Eグッビオの守護聖人をまつる聖ウバルド教会  写真上右F同教会への山のふもとからのリフト

同教会へは、山のふもとから、リフトを利用して登ることもできます。町の人が最も血を沸き立たせるのは、5月15日のロウソク祭りです。地区対抗で、巨大なロウソクを担ぎ、聖ウバルド教会まで山を駆け上るのですが、そのロウソクも、この教会に置かれています。

●イタリア最古の民族「古代ウンブリア人」
古代ギリシャ・古代ローマの歴史家たちがイタリア最古の民族と記し、また現在でも、そうと推定されているのは古代ウンブリア人で、古代ローマ以前に高度な文明を築き上げたエトルリア人たちがイタリア半島に移住する前に、すでに半島の中部に定住していました。

写真上左Gグッビオ中心広場の「パラッツオ・デイ・コンソリ」  写真上右D古代ウンブリア人による「青銅板文書」

その古代ウンブリア人が紀元3-1世紀に記した貴重な「青銅板文書Tavole Iguvine」が、グッビオの中心広場に建つ美しい宮殿、パラッツオ・デイ・コンソリPalazzo dei Consoli(写真G)内にある市立博物館Museo Civicoに保存・展示されています。古代ウンブリア語で書かれているものの、文字としては、文化的・政治的に優勢であった民族が用いていたエトルリア語とラテン語の文字を利用しています。当時、すでに存在していた極めて古い文書を保存するために、青銅板に刻んだものであり、古代ウンブリアの公式の儀式を記していて、ここまで広範囲にわたり詳細に記述した儀式文書は、現在のところ、古代西洋には他に例がないそうです。

●1年を通じて様々な祭りや行事
グッビオでは、ロウソク祭りのほかにも、一年を通じて、さまざま行事が催されます。そのうち、わたしが訪ねたことがあるのは、先述の青銅板文書を中心に、古代ウンブリア人について学ぶ「グッビオ青銅板文書祭り Festa delle Tavole di Gubbio」、中心街の店や屋台で、地元の伝統料理を中心に、さまざまな肉料理が味わえる祭り「クイント・クワルトQuinto Quarto」です。

写真上IJ「中世祭り」

昨年は、「中世祭りFestival del Medioevo」が初めて開催され、その会場にグッビオが選ばれ、わたしも祭りを訪ねて、中世史の主要なできごとについての講演や討論、中世音楽のコンサートに耳を傾け、市場や書店での買い物を楽しみました。

●聖フランチェスコともゆかりの町
グッビオはまた、聖フランチェスコにゆかりの深い町でもあり、獰猛な狼さえ聖人になついたという伝説の地で、アッシジやラヴェルナと共に、聖フランチェスコの足跡をたどる巡礼路における主要な巡礼地です。

グッビオ行きのバスは、フォッサート・ディ・ヴィーコ/グッビオ(Fossato di Vico/Gubbio)とペルージャ(Perugia)の鉄道駅から出ています。ぜひ一度訪ねてみてください。

著者紹介
石井直子(いしいなおこ)

イタリア、ペルージャ在住。日本語教師・通訳・翻訳者。近年は、産業通訳に加えて、旅行業者を通じて、アッシジやペルージャを観光する方の同行通訳を務める機会が増えてきました。 イタリアに暮らし始めて、今年で14年目になります。自然や登山を愛する夫や友人のおかげで、わたしも山歩きや巡礼が好きになり、よく自然の中を歩くようになりました。
ブログ:http://cuoreverde.exblog.jp/ サイト: http://www.kitsunenomado.com/

緑満ち心に響くウンブリア  データ
Dati
■グッビオ Gubbio  (ペルージャ県 Provincia di Perugia)

関連サイト

グッビオ 観光案内
http://www.comune.gubbio.pg.it/pagine/comune-gubbio-turismo-e-cultura

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.