JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
緑満ち心に響くウンブリア
15 Giugno 2015

第3回 

アッシジと聖フランチェスコ

  
文と写真  石井直子 
●イタリアの守護聖人、聖フランチェスコ
聖フランチェスコ(フランシスコ)は、12世紀にアッシジの町の裕福な商人の息子として生まれたものの、神の呼び声に導かれて、仲間の修道士たちと共に清貧と愛、そして祈りに生きることを志し、その生を貫きました。弱者や動物に優しく、自然を愛し、フランシスコ修道会を創設した聖フランチェスコは、シエナの聖カテリーナと共に、イタリアの守護聖人です。

写真トップ@カルチェリの庵
写真上左Aアッシジの町並み   写真上右B聖フランチェスコ大聖堂

現ローマ教皇が、カトリック教会の歴史上初めてこの聖人の名を選んだことで、今では日本でも、アッシジの聖フランチェスコを知る人が多いことと思いますが、多くの人々に敬愛される聖人で、中世から現代に至るまで、聖フランチェスコを慕って、アッシジや聖人ゆかりの地を訪ねる人が大勢います。 

●聖フランチェスコ大聖堂と聖キアーラ大聖堂
今も中世の町並みが残るアッシジの中心街には、聖フランチェスコの生家や聖ダミアーノ修道院など、聖人の生涯にゆかりの深い場所や美しい教会がたくさんあります。中でも、聖フランチェスコ大聖堂Basilica di San Francesco聖キアーラ大聖堂Basilica di Santa Chiaraは、それぞれ聖フランチェスコと聖キアーラのお墓がおさめられているためもあって、多くの信者や観光客が必ず訪ねる教会です。

写真上C聖フランチェスコ大聖堂  写真上右D聖キアーラ大聖堂

聖フランチェスコ大聖堂は、聖フランチェスコの生涯を描いたジョットのみごとなフレスコ画をはじめとする名匠の手になる絵画や建築が美しく、聖キアーラ教会には、若きフランチェスコに、「わたしの家を建て直しなさい」と語りかけたという十字架像があります。

●スパージオ山斜面に延びるアッシジ中心街
アッシジの中心街は、標高1290mのスバージオ山Monte Subasioの斜面にあって、石造りの家や教会が西から東へと細長く伸びるように並び、城壁に囲まれています。ですから、中心街の西の端にある聖フランチェスコ大聖堂から、東の端近くにある聖キアーラ大聖堂までは、歩いて移動しながら、風情のある町並みや美しい風景を眺めることができます。中心街の通りには、陶器、食品、アッシジ・イタリアみやげなどの店、飲食店がずらりと並んでいますので、好きなところで足を止めて、買い物や甘いものの休憩をしてもいいでしょう。

写真上EFアッシジ中心街

十字架のキリストの導きに従って、聖フランチェスコが仲間たちと共に、自らの手で修復した聖ダミアーノ修道院Chiesa di San Damianoは、中心街から坂をずっと下っていったところにあるのですが、距離は1.5kmほどですから、足に自信のある人は歩いて、車で移動する人は車で、中心街から道案内に従って、坂道を下って訪ねてみてください。

写真上GH聖ダミアーノ修道院

●町の上には大城塞とカルチェリの庵
時間に余裕があり、脚力のある人は、アッシジの町の上にそびえる大城塞Rocca Maggioreまで坂を上ってみてください。町並みや緑の山野の美しい眺めを楽しむことができます。聖フランチェスコは、自然や静けさを愛し、人里離れた山の中や、岩が切り立つ中にある洞窟などで、祈りを捧げ、瞑想をすることを好みました。そうした場所は、イタリア中部の各地にあり、ウンブリアにもいくつかあって、小さな教会や庵、修道院が築かれている場合が多いのですが、そうした庵の一つ、カルチェリの庵Eremo delle Carceriが、中心街から4kmほどなだらかな坂道を上った緑の中にあります。

写真上左I大城塞  写真上右Jカルチェリの庵

庵を囲む森の中には散歩道があり、森を歩くと、修道士たちがかつて祈りを捧げて暮らしていた粗末な庵に出会うことができます。聖フランチェスコの心に触れてみたいと思う方、そして、緑を愛する方は、このカルチェリの庵も訪ねてみてください。

●聖フランチェスコの亡くなった小さな教会 
聖フランチェスコを慕って、その魂に触れようとアッシジを訪ねる方に、わたしが他のどこよりも訪ねてほしいのは、けれども、聖人の死後、ローマ教皇の意向で築かれた聖フランチェスコ大聖堂ではなく、アッシジの中心街からは離れた平地、アッシジの鉄道駅の近くにあるサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会Basilica di Santa Maria degli Angeliです。

写真上左Kサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会(内部に聖フランチェスコの亡くなった小さな教会 『ポルツィウンコラ』がある) 

というのも、この教会の中にこそ、聖フランチェスコが仲間たちと自らの手で建て、存命中に最も心にかけ、長く修道生活を送り、亡くなった小さな教会、ポルツィウンコラPorziuncolaがあるからです。

著者紹介
石井直子(Naoko Ishii)

イタリア、ペルージャ在住。日本語教師・通訳・フリーライター。
イタリアに暮らし始めて、今年で14年目になります。自然や登山を愛する夫や友人のおかげで、わたしも山歩きや巡礼が好きになり、よく自然の中を歩くようになりました。
ブログ:http://cuoreverde.exblog.jp/ サイト: http://www.kitsunenomado.com/
イタリア語学習メルマガ http://www.geocities.jp/naoko_ishii/backnumber.html

緑満ち心に響くウンブリア  データ
Dati
■アッシジ  Assisi    (ペルージャ県 Provincia di assisi)

関連サイト
イタリア政府観光局 - アッシジ:聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群
http://visitaly.jp/unesco/assisi-la-basilica-di-san-francesco-e-altri-siti-francescani

アッシジ市 観光案内
http://www.visit-assisi.it/

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.