JAPANITALY Travel On-line

氷河から来た男「アイスマン」:南チロル考古学博物館 


氷河から来た男「アイスマン」
ロマンあふれるボルツァーノの南チロル
考古学博物館



写真提供:南チロル考古学博物館写真保管所
Copyright: Fotoarchivio Museo Archeologico dell'Alto Adige - www.iceman.it

  photo1



氷河から来た男、「アイスマン」は、オーストリアとイタリア国境に近いアルプス上で発見された、世界で最も有名なミイラのひとつで、現在、イタリア北部のアルト・アディジェ州ボルツァーノ市にある南チロル考古学博物館Museo Archeologico dell'Alto Adigeに所蔵されています。
現在までに160万以上の人たちがこの博物館を訪れました。1998年3月28日に博物館が開かれて7年が過ぎた今も、氷河からきた有名なミイラ「アイスマン」は、私たちの町を訪れる大勢の旅行者たちの主要な目的地です。


photo2   photo3

5000年前、セナレス峡谷の凍りついた氷河の高地までやってきながら、そこで死んだ男がいました。1991年、氷河に閉じ込められミイラとなった男は、身に付けていた衣服や装備と一緒に、偶然発見されます。男の発見は考古学上センセーショナルな出来事となり、高地を旅していた銅器時代の人間をとらえた異例のスナップ写真として話題になりました。
高度に専門化された調査グループが何年にもわたる調査研究を行った後、氷河からやってきたミイラ男と彼が身に付けていた物は、現在南チロル考古学博物館に保管され、一般に公開されています。
私たちはこの過去の証人に向かい会う時、心をとらわれ、驚きでいっぱいになると同時に、不思議にも感動を覚えます。私たちの頭の中で再びよみがえることで、この男の運命は歴史の匿名性を避けることができるのです。

世界で最も古い湿ったミイラが放つ魅力は、発見から14年経った今も非常に強いものですが、博物館を訪れる人たちによれば、それは単に銅器時代のミイラに対面するということだけではないようです。完璧な状態で保存されている彼の装備品も大きな魅力を持っています。
アイスマンは高山で過ごすために最適な装備をしていました。靴、ゲートル、腰布、外衣、草を編んだ物、熊の毛の帽子を身に付けており、素材は、鹿、熊、カモシカ、山羊、牛の毛や毛皮でした。裁断のテクニック、丁寧な縫い方、上手な編み細工は、この時代、この文明において、作業が正確に専門化していたことを物語っています。現在私たちは、それまで全く知られていなかったアルプス地方の銅器時代の衣服に関してほぼ完全に概要を掴んでいます。
また、アイスマンは未完成の弓、矢と矢を入れて背負う道具、銅の柄がついた斧、鞘の付いた石の短剣、修正器具、白樺の樹皮でできた容器、背負いかご、骨でできた錐(きり)などを身に付けていました。


photo4   photo5

医科学分野での細心の調査技術により、アイスマンの人類学的様相も明らかになっています。アイスマンは大人の男性で、身長約160センチ、死亡時にはおよそ46歳でした。
また、X線写真やストラティグラフィーによる新しい調査で、左肩に矢の先端が見つかりました。矢は貫通し、肩甲骨に約2センチの穴を開けました。重要な器官は傷つきませんでしたが、彼に致命的な傷を負わせたと考えるのが妥当です。彼が矢を受けた理由は謎のままで、100メートル離れた下方から矢が飛んできたということだけ分かっています。右手に深い切り傷があり、私たちのアイスマンは死ぬ直前に格闘をしたと解釈することができます。

博物館について
南チロル考古学博物館のコレクションは年代順に展示されており、旧石器・新石器時代(紀元前1万5千年)からカロリング王朝時代(紀元800年頃)までのアルト・アディジェ州の歴史全体を明らかにしています。アイスマンも、彼が身に付けていた物と一緒にその歴史の流れの中に置かれており、博物館のメインコーナーとなっています。
死亡時に身に付けていた立派な衣類や道具類の特徴や意味など、医学的そして人類学的見地から見たアイスマンの輪郭が、一般の方々にも理解できるようになっています。模型、当時の様子の再現、立体イメージ、ビデオ、マルチメディアステーションなどにより、たくさんの情報が心地よく提供され、アルプス山脈の南斜面の遠い遠い過去を私たちは見つめることができるのです。


南チロル考古学博物館 データ
Dati di Museo Archeologico dell'Alto Adige

南チロル考古学博物館
Museo Archeologico dell'Alto Adige

Via Museo 43, 39100 BOLZANO
Tel: +39 0471-320100 Fax: +39 0471-320122
E-mail: museum@iceman.it
URL: http://www.iceman.it
開館時間:火曜−日曜 10時〜17時 (木曜は19時まで)
月曜、1月1日、5月1日、12月25日は休み






*このページの写真および掲載記事内容は、南チロル考古学博物館の所有するものです。
無断での複製はご遠慮下さい。
Su concessione del Museo Archeologico dell'Alto Adige - Riproduzione vietata



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.