JAPANITALY Travel On-line

イタリア主要都市 観光・旅行情報ガイド
レッチェ観光・旅行情報ガイド
  Bed & Breakfast Italia


私の住む町Travel 案内 レッチェ Lecce

■おすすめ一日観光コース
   レッチェの見逃せないスポットをご案内します!
■おすすめレストラン(1)
    ラ・ヴェッキア・オステリア
    レッチェの家庭料理を楽しめる
■おすすめレストラン(2)
    ラ・ルスティカーナ
    お手頃値段が嬉しい、レッチェ名物ルスティコ専門店
■おすすめレストラン(3)
    トッレ・ディ・メルリーノ
    レッチェの人気ロカーレ、ピッツァもおすすめ
■おすすめレストラン(4)
    リストランテ アレックス
    地元の魚介類を用いた「驚き」連続の創作シーフード料理       
■おすすめレストラン(5)
    グイド エ フィリ
    郷土料理をセルフサービスで 地元の野菜料理も充実 
■おすすめレストラン(6)
    ペスケリア コン コットゥーラ
    新鮮な魚介類をセルフサービスで 財布に優しいお値段も魅力
■SHOP/お買物はここで(1)
    ロクラ
    温かい手作りのテラコッタ製品
■SHOP/お買物はここで(2)
    マーリィオ
    地元産の素材にこだわったチョコレートの老舗
■SHOP/お買物はここで(3)
    アルテファーレ
    眺めるだけで幸せな気分になるアンティークジュエリー店
■SHOP/お買物はここで(4)
    グストリベーリマ
    地元料理のレシピ本を揃えた本屋 ワインやオリーブオイルも販売
■SHOP/お買物はここで(5)
    グストリベーリマ
    地元サレント産のアロエ製品専門店 化粧品からジュースまで
■このカフェで一服(1)
    シルバール
    大聖堂広場のバールで、レッチェのコーヒー
■このカフェで一服(2)
    ドッピオゼロ
    大デリカテッセンのイタリア版、大テーブル席でわきあいあい
■このカフェで一服(3)
    ナターレ
    お目当てはジェラート 地元の人が薦めるお菓子屋さん
■このカフェで一服(4)サレント半島各地をバスで廻ろう!
夏季3ケ月間運行の便利なバス
    エンメ
    歴史博物館内の北欧風のオアシス 健康テーマのメニューが豊富
■私の住む町番外編(1)
    夏のルミナリエ
    〜聖オロンツォのお祭り〜
■私の住む町番外編(2)
    ”暮らす様に滞在する”
    レッチェ人のお散歩道
■私の住む町番外編(3)
    ”新たに一般公開された「必見」の歴史的モニュメント 
    レッチェ大聖堂「地下礼拝堂」 他
■私の住む町番外編(4)
    ”街の普段の顔に触れるなら市民の憩いの場で
■私の住む町番外編(5)サレント半島各地をバスで廻ろう!
夏季3ケ月間運行の便利なバス
    ”サレント半島各地をバスで廻ろう! 夏季3ケ月間運行の便利なバス
    マッツィーニ広場
■足を延ばすと/近郊編(1)
    オートラント
    半島最東端、イタリア一綺麗な海を望む町
■足を延ばすと/近郊編(2)
    ガリッポリ
    サレント半島からイオニオ海を見渡す
■足を延ばすと/近郊編(3)
    ブリンディシ
    アッピア街道終点示す円柱と考古学博物館は古代ローマファンに必見
■足を延ばすと/近郊編(4)
    オストゥーニ
    「迷う」のも楽しい「白い街」アドリア海とオリーブ畑の迫力ある眺め




案内人プロフィール
小林 幹子(こばやし みきこ)

東京都出身。98年に「1年間のお休み」のつもりでシエナ外国人大学にて学び、99年から色々なご縁が重なり、何故かプーリア州レッチェ在住。「ネオンの無いところには住めない」と信じていたにもかかわらず、今ではオリーブ畑の中でハンモックに揺られて昼寝をするか砂浜で読書がオフの日の日課に。現在は雑誌取材、同行通訳、観光ガイド、輸出手伝いなどに従事し、プーリア中を移動のジプシー生活。 sonomikiko@yahoo.co.jp


イタリア主要都市 観光・情報ガイド
トリノ ミラノ ジェノヴァ ヴェローナ ヴィツェンツア シエナ
パドヴァ ヴェネツィア ボローニャ フィレンツェ パルマ ペルージャ
ローマ バーリ ナポリ マテーラ パレルモ シラクーサ タオルミーナ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.