JAPAN-ITALY Travel On-Line

ナビゲーション
ラツィオ州 州別観光
地図


イタリア旅行情報サイト
JAPAN-ITALY Travel On-line

REGIONE LAZIO



ラツィオ州基礎知識


基礎データ  面積17,203k㎡ / 人口 約522万人 / 州都 ローマRoma / 行政区 5県


地理・歴史・産業
西はティレニア海、北から時計周りにトスカーナTosacana、ウンブリアUmbria、マルケMarche、アブルッツオAbruzzo、モリーゼMolise、カンパーニアCampaniaの6つ、最も多くの州と接している。ローマ北部から海岸線を南にかけて平野部が続くが、他州と隔てる内陸は山岳、丘陵地帯が殆どである。山間部からは多くの河川がティレニア海に流れ込むが、もっとも有名なのはウンブリアの山奥からローマへと流れ込むテヴェレ川である。

この州の歴史は広義のローマRomaの歴史であり、かつカトリックの歴史でもある。又ローマはイタリアの首都と言うよりはローマ帝国のローマというべきで、歴史上かつてない広大な国家の中心となった。教皇が世俗権をもつようになってからも、地方分裂の半島においてもこの地方は教皇お膝元の地としてイタリア半島のやはり中心であり、かつ大きな影響力を全体に及ぼしつづけてきた。

この地方は都市としてのローマの観光を始めとする商工業などの影に隠れがちだが、農業も盛んでオリーブやブドウ、果 物の産地として知られている他、穀物の栽培も行っている。又内陸山間部などローマ以外の地域も観光資源は豊富で、首都から日帰りで訪れることができる中小都市、湖なども人気が高まりつつある。


ラツィオ州の楽しみ方
<ローマRomaとヴァチカンCitta' di Vaticano>
すべての歴史はローマのパラティーノの丘から始まっていると言われる。ローマ帝国の首都として大いに発展したことは言うまでも無い。2世紀に100万人都市となっていたということでその繁栄は理解できる。コンスタンチノープルに首都が移転となってからはかなり衰退し、数万人のレベルまで減少したが、その後カトリックの中心として又、教皇が世俗化していく過程の中で大いに発展した。現在の街の姿は16世紀にほぼ確立されたと言われる。代表的なものは次の通 り。できれば数日や一週間はかけて見たいものだ。

1, 教会、寺院
サンピエトロ寺院Basilica di San Pietro、サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノSan Giovanni in Laterano、サン・ルイージ・デイ・フランチェーゼSan Luigi dei Francesi、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァSanta Maria sopra Minerva、サンタ・マリア・イン・アラコエリSanta Maria in Aracoeli、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリSanta Maria degli Angeli、他

2, 博物館、美術館
ローマ国立博物館アテンプス館Museo Nazionale Romano Palazzo Altemps、ローマ国立博物館マッシモ宮、ボルゲーゼ美術館Museo e Galleria Borghese、ヴァティカン宮殿・美術館Palazzo e Musei Vaticani、ヴィラ・ジュリア国立博物館Museo Nazionale di Villa Giulia、コンセルヴァトーリ宮殿美術館Palazzo dei Conservatori、カピトリーノ美術館Mueso Capitolino、国立近代博物館Galleria d'Arte Moderna、バルベリーニ国立博物館Galleria Nazionale d'Arte a Palazzo Barberini 他

3, 城、神殿、遺跡、建造物、広場
サン・ピエトロ広場Piazza San Pietro、サンタンジェロ城Castel Sant'Angelo、バルベリーニ広場Piazza Barberini、トレビの泉Fontana dei Trevi、スペイン広場Piazza di Spagna、ポポロ門Porta di Popolo、ファルネーゼ宮と広場Palazzo/Piazza farnese、パンテオンPanteon、フォロ・ロマーノForo Romano、カンピドーリオ広場Piazza Campidoglio、カラカラ浴場Terme di Caracalla、他

<ローマ近郊>
ローマの見学に多少飽きたらバスや電車をつかって1時間以内で行ける観光スポットへ出かけるのも良いかも知れない。

1, カステッリ・ロマーニCastelli Romani周遊
ローマ市街から南西のアルバーニ丘陵Colli Arbaniを中心とした一帯。かつての貴族などの別 荘が点在する地域として知られ、アルバーノ湖Lago di Albano、ネミ湖Lago di Nemiなどを見ながらゆっくり周りたい。フラスカティFrascatiなどのワインの生産でも知られる地域で、地域の祭りも多い。

2,チビタ・ベッキアCivitavecchia
ローマから北へ向かったところにある州最大の港町。ミケランジェロの要塞、国立考古学博物館Museo Nazionale Archeologicoは必見だ。この地域一帯には原始時代の遺跡が点在しており、それらを収集したコレクションは有名。

3, ブラッチャーノ湖
Lago di Bracciano 火山活動によりできた湖。その森に囲まれたその景観も素晴らしいが湖を囲む小都市には博物館などもあり一日楽しめる。

4, ティヴォリTivoli
ローマから東へ1時間ほどのところ。ハドリアヌス帝の別荘Villa Adrianaや、16世紀のヴィッラ・デステVilla d'Esteと呼ばれる庭園も素晴らしい別荘など。

5, オスティア・アンティーカOstia Antica フィウミチーノ空港から南へ下ったテヴェレ川の河口にあるかつての街全体を残した大遺跡。ネプチューンの浴場Terme di Nettuno他、全て見て周ると半日かかる。

<ヴィテルボViterbo>
州北部の県庁所在地。教皇が滞在した時代もあるローマ教皇庁との関わりが強い街であ り、ローマと戦いを繰り返すなどかなりの力を持つまでになった時期もある。教皇達の 館Palazzi dei Papi、大聖堂Cattedrale、国立考古学博物館Museo Archeologico Nazionaleなど見所も多い。

<フォッサノーヴァ大寺院Abbazia di Fossanova>
州南部のプリヴェルノPriverno市にあるシトー派の大修道院である。12世紀から13世 紀にかけて数度に分けて造られた。ゴシック建築の代表的なもので、日程に余裕のある 場合や、車や電車で南へ向かう途中に立ち寄りたい。


主な都市(アルファベット順)
ブラッチャーノBracciano、ヴァチカン市国Citta' del Vaticano、チヴィタベッキアCivitavecchia、チヴィタ・カステッラーナCivita' Castellana、フロジオーネFrosione、ガエタGaeta、ラティーナLatina、プリヴェルノPriverno、リエーティRieti、ローマRoma、ティヴォリTivoli、ヴィテルボViterbo


ラツィオ州をもっと知る
http://www.regione.lazio.it
ラツィオ州公式サイト。イタリア語のみ

Regione Lazio ラツィオ州政府公式ページ
http://www.japanitalytravel.com/lazio/top.html
ラツィオ、ローマの州へようこそ現代の旅人のための古代都市ラツィオ:文化と歴史の旅ラツィオ:自然と癒しの旅ラツィオ:自然と癒しの旅ラツィオ各県の見どころ

Provincia di Roma ローマ県公式ページ
http://www.japanitalytravel.com/banner/roma/top.html
ローマ県のみどころ 6地域文化・考古学的史跡多彩な自然グルメとワイン・オリーブオイル祭り・伝統行事・イベント

Comune di Roma ローマ市公式ページ
http://www.japanitalytravel.com/banner/comuneroma/top.html
ヴィッラ・ボルゲーゼでリラックス  ローマで音楽、ジャズ、ダンス ノッテ・ビアンカ(眠らぬ夜)を楽しもう メルカートに行こう ローマ料理を味わってみよう テーヴェレ川から、空から、ローマを探索しよう あなたのローマ周遊を便利にするために ローマの主要博物館についてもっと知る 


市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー

ヴィテルボ ‐ ラツィオ州    Viterbo - Lazio   "コンクラーヴェ"が生まれた、中世の面影を完璧に残す町



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.


ローマ市公式ページ


ラツィオ州(州都ローマ)
日本語公式ページ


ローマ近郊
ブラッチャーノ湖畔
中世のお城と貴族館めぐり

JITRAガイドオンライン
ラツィオ州
ホテル・宿泊先など

Tivoli
ユネスコ世界遺産を持つ芸術の町


ローマ県公式ページ
首都周辺に隠された感動