JAPAN-ITALY Travel On-Line

ナビゲーション
バジリカータ州 州別観光
地図


イタリア旅行情報サイト
JAPAN-ITALY Travel On-line

REGIONE BASILICATA



バジリカータ州基礎知識

基礎データ 面積9,992k㎡ /人口 約61万人 / 州都 ポテンツァPotenza / 行政区 2県


地理・歴史・産業
東はプーリアPuglia州、西はカンパーニア州Campania、南部でカラーブリアCalabria州に接する他、ターラント湾に面 している。アドリア海側にも若干であるが通じる。アペニン山脈の一部となる山がちな地形が殆どであるが、南部ターラント湾沿いに平野も広がる。大き目のバセントBasento川、ブラダノBradano川など数本が当州をめがけるように集まってきて、平野部を通 じてイオニオ海へと流れ込んでいる。
南部諸州がそうであるうように、外国勢力下での長い歴史に翻弄されて来たが、比較的隔離された地域で、表立って歴史に登場したことは少なかった。
天候が不規則で、農業にあまり適さない土壌が多いが、多年に渡る政府の投資などによって改善され、又近年では工業地帯などもいくつか整備されて来た。 独特の風光から、又各種交通網の整備などによって観光地としても大いに脚光を浴びてきた。(写真:市長が語る我が町観光自慢 マテーラ市から

バジリカータ州を楽しむ
<マテーラMatera>
マテーラ県の州都。観光地として最も人気が高い。東のプーリア州バーリBari経由で訪れる人が多い。この町を世界的に有名にしているのは、なんと言ってもサッシSassiと呼ばれる洞窟の住居の群れである。もちろん世界遺産にも指定されているその居住区は、紀元前からの歴史を感じさせる。このサッシ地区、戦後一時は非近代的なものとして強制立ち退きなどの措置がとられたりした(当時は15000人以上が住んでいた)が、現在ではむしろ前向きな保護努力が続けられている。

<ポテンツァPotenza>
州都でポテンツァ県県都。この町の歴史は、外敵と地震とに翻弄された歴史でもあった。渓谷に広がるこの町は、現在は旧市街と工業の盛んな谷の低い方とに大きく分かれる。 17世紀末の大地震により壊滅的な状況となったが、現在では南部の一中心地として栄えるまでになってきた。


<海岸線>
夏は交通網の整備などでローマやナポリからのアクセスもよくなり海水浴客などで賑わう。 この地方はギリシャとの歴史的な関わりも強かったために、遺跡など興味深い場所が楽しめるところでもある。プーリアPuglia州に近いメタポントMetaponto、アグリAgri川の河口のポリコーロPolicoroなど、紀元前7世紀まで遡る遺跡の発掘現場がある。


主な都市(アルファベット順)
マテーラMatera、メルフィMelfi、ポテンツァPotenza、ヴェノーザVenosa


バジリカータ州をもっと知る
http://www.regione.basilicata.it/
州公式サイト イタリア語のみ


市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー

マテーラ市 - バジリカータ州 Matera - Basilicata


私の住む町Travel案内
マテーラ Matera

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.