JAPAN-ITALY Travel On-Line

ナビゲーション
ヴァッレ・ダオスタ州 州別観光
地図


イタリア旅行情報サイト
JAPAN-ITALY Travel On-line

REGIONE VALLE D'AOSTA



ヴァッレ・ダオスタ州基礎知識


基礎データ 面積 5,399k㎡ / 人口 約19万人 / 州都 アオスタ Aosta / 行政区 県区分無し


地理・歴史
スイスとフランス国境に割り込むように位置するイタリアで一番小さな州。又殆どが山地であるため人口密度も国内最低(36人/k㎡)。公用語はイタリア語とフランス語。1948年に州議会がさまざまな自治権をもつ特別 州となった。アオスタはその渓谷自体の名前である。歴史的、地理的にも古くからアルプスの北側の地域との交流の拠点として重要な役割を果 たしてきた。イタリアの国というよりもむしろアルプスの国である。周囲をマッターホルン(イタリア語ではチェルヴィーノCervino)、モンブラン(モンテ・ビアンコMonte Bianco)、モンテ・ローザMonte Rosa、グラン・パラディーゾGran Paradisoとアルプスでもとりわけ有名な高峰が聳え立つ。この地域の重要性は更にモンブラントンネル、グラン・サン・ベルナルドを始めとする大トンネルの完成によってイタリア側の窓口としてだけでなく、アルプス全体の拠点として一層高められた。古くからスキー、トレッキングなど山の観光地として高くその名が知られる。観光の他は製鉄、化学、木工、水力発電など。 (写真:大自然からの贈り物 「第一回 Monte Bianco(モンブラン)」から

アオスタ州を楽しむ
<州都アオスタの町>
古代ローマ時代劇場などの遺跡が点在。町はローマ軍が移り住んで以来現在まで殆ど変わらない形となっている。地理的な重要性から東西南北方向の各地域と大きく関わりながらその歴史的運命を辿ってきた。この町は近くの山々を楽しむためのベースとしても活用される。それらは前述のチェルヴィーノCervininoを始め、モンブランの南側のクールマイユールCourmayeur 、イタリアで初めて国立公園に指定されたグランパラディーゾGran Paradizo、モンテ・ローザなどと世界を代表する山のリゾート地と枚挙に暇がない。 アオスタ市内ではロマネスク様式の鐘楼や回廊で知られるサントルソSant'Orso教会、紀元前に造られたプレトリア門Porta Pretoria、カエサルに捧げられたというアウグストゥスの凱旋門Arco di Augusto、古代ローマ劇場考古学博物館Parco Archeologico del Teatro Romanoなどが興味深い。周囲の数ある古城も必見である。

<クールマイユールの街>
小さなこの州でアオスタ市以上に有名とも言えるのがこのクールマイユールCourmayeur。 サヴォイア家の避暑地でもあった。モンテ・ビアンコMonte Biancoへのアクセスが特に知られる他、トンネルの開通 でフランス側シャモニーとともに人気は高まる一方である。 アントレーブEntreves山、ヴェニ谷val Venyも訪れる観光客が跡を絶たない。


主な都市(アルファベット順)
アオスタAosta、クールマイユールCourmayeur、モンブラン(=モンテ・ビアンコMonte Bianco)、モンテ・ローザMonte Rosa、チェルビニアBreuil - Cervinia、グラン・パラディーゾGran Paradiso


ヴァッレ・ダオスタ州をもっと知る
http://www.regione.vda.it/
州公式ページ。イタリア語とフランス語。

http://www.valleedaoste.com/
ヴァッレ・ダオスタオンライン。


市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー

アオスタ市 - ヴァッレ・ダオスタ州  Aosta - Valle d'Aosta アルプスの大自然と伝統産業の息づく町

クールマユール市 - ヴァッレ・ダオスタ州  Courmayeur - Valle d'Aosta モンブランの麓、イタリアアルプスを代表する町



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.