JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
ヴァイオリンの町クレモナから
15 Maggio 2014

後編 クレモナ 食文化とポー川散策の楽しみ



  安田恵美子



1.食文化の街 クレモナ
●畜産・農業の盛んな地域
クレモナは古くから畜産業、農業が盛んな街でした。各農家では豚や乳牛が飼われ、サラミ、豚挽き肉の詰め物、チーズ等が生産されました。その一方ぶどう栽培に適した土壌を持たないため、イタリアで唯一ワインを生産しない県です。しかし、ポー川をはさんでお隣のピアチェンツァの丘陵地帯で生産されるワイン、赤ワインでは発泡性のランブルスコ、グットゥルニオ、白ワインではマルヴァジーア等を、土地のワインとして味わうことができます。特産品として、にんにくの入ったクレモナ・サラミ、くせのないプロヴォローネ・チーズ、硬質チーズのグラーノ・パダーノが挙げられます。
 
写真トップ@クレモナの街から南にまっすぐ伸びるポー大通りの古いお屋敷
写真上左Aクレモナの郷土料理、茹で肉料理「ボリート」  写真上右B創業100年の「リストランテ・チェントラーレ」


●肉料理主体の郷土料理
クレモナ郷土料理として挙げられるのは、第一の皿では詰め物パスタをスープに浮かべた「マルビーニ・イン・ブロードMarubini in brodo」、第二の皿では茹で肉料理「ボリートGran bollito」や、豚の皮や豚足にひき肉やスパイス等を詰めた「コテキーノCotechino」、「ザンポーネZampone」 です。 肉料理には、クレモナ名物の果物の芥子付け「モスタルダMostarda」やパセリを使った「グリーンソースSalsa verde」が添えられます。街中に点在する食料品店のショーウィンドーに、これら特産品のサラミやチーズ、モスタルダが陳列されているのを眺めることができます。    

写真上左Cクレモナ市内  写真上中D市内の食材店   写真上右Eアットホームな「オステリア・ガリバルディ」


●クレモナ発祥のお菓子「トローネ」
クレモナの街中にあるお菓子屋さんは、どこも外れがなく美味しいです。ぜひクレモナが発祥地と言われるはちみつ、卵白、アーモンドを混ぜたお菓子「トローネTorrone」(冬季限定で作られるソフト・タイプがお勧めです)や、リキュール漬けのさくらんぼをチョコでコーティングした「グラッフィオーニGraffioni」(冬季限定生産)をご賞味ください。

●老舗のお菓子屋でお土産を
前回ご紹介したドゥーモ広場脇のソルフェリーノ通りVia Solferinoをローマ広場Piazza Romaに向って歩いていくと、右手に老舗のお菓子屋「ランフランキLanfranchi」、左手にこれも老舗のクレモナのお菓子メーカー、「スペルラーリSperlari」のお店があり、どちらもお土産のお菓子を買うのに最適です。クレモナにはまたドゥオーモ広場やローマ広場等街のあちこちにジェラート屋もあり、暖かい季節には散歩がてらジェラートを食べる人々の姿も見られます。    

   写真上左F老舗のお菓子屋「ランフランキ」  写真上右G:ショッピングストリート「コルソ・カンピ」


2.バイオリン・モチーフの小物を記念に
街のショッピング・ストリートは、コルソ・カンピCorso Campiとコルソ・ガリヴァルディCorso Garibaldiです。20世紀初頭のリバティ様式の建物の中に、マックス・マーラー、リュージュー、ベネトン、地元メーカーのコゼCose等様々なブティックが並んでいます。 

ヴァイオリンをモチーフとした小物を売っているのは、ストラディヴァリ広場にある「クレモナ弦楽器製作者組合Consorzio Liutai “A. Stradivari”」です。また前々回にご紹介した「ヴァイオリン博物館内ブックショップBook Shop」では、ヴァイオリンをモチーフとした小物やポストカードの他、館内展示ヴァイオリン関連のCD、書籍を扱っています。

写真上Hクレモナ弦楽器製作者組合のグッズコーナー   写真上右Iヴァイオリン博物館ブックショップ  


3.ポー川散策で気持ちもゆったりと
街から南にまっすぐ伸びているポー大通りViale Poを古いお屋敷を左右に見ながら歩いていきますと、15分ほどでイタリア最長の川、ポー川に出ます。第1回でご紹介したように、ポー川のおかげでクレモナがローマ時代より交通要所として栄え、この川を伝ってその昔、アマティ、ストラディヴァリの楽器に使われた木材もはるばる運ばれて来ました。 

  写真上左Jクレモナ市内を流れるイタリア最長の川、ポー川  


川辺には散歩道と芝生の公園が最近整備されました。日本の田舎の川沿いの土手のように、何も施設のないごく素朴なもので、町の人々もそこを行ったり来たりしながらおしゃべりを楽しんでいて、休日には人々がゆっくりと散歩する姿を見ることが出来ます。

   写真上KLポー川河辺に最近整備された散歩道  


私も、気分がもやもやしている時にはポー川まで歩きにいきます。ゆったりと流れる川面をぼんやりと眺めている内に、気持ちも段々ゆったりしてくる感じです。お時間に余裕がありましたら、ぜひクレモナに滞在して、ゆったりとした時間を味わってみてください。


ヴァイオリンの町クレモナから   著者プロフィール
安田恵美子 Yasuda Emiko

ヴァイオリン職人の夫(日本人)とクレモナに住んで今年で18年目になります。2013年9月よりヴァイオリン博物館で日本人スタッフとして働いています。皆様のお越しを心からお待ちしています!

データ

Dati

■レストラン、お菓子屋
リストランテ・チェントラーレ Ristorante Centrale


Vicolo Pertusio 4
Tel 0372-28701
開店時間: 9.00-24.00  
木曜定休
(伝統的クレモナ郷土料理を食べさせてくれる創業100年のレストラン)

オステリア・ガリバルディOsteria Garibaldi
Corso Garibaldi 38 Tel 0372-37365
開店時間: 8.00-24.00  
水曜日定休
(ストラディヴァリの家の斜め向かい。ワインも大変美味しいアット・ホームなオステリア)

ランフランキ(ケーキ屋)  Pasticceria Lanfranchi   
Via Solferino 30
Tel 0372-22521
開店時間: 火曜から土曜まで8.30-13.00,15.30-19.45
日曜 8.30-13.00,15.00-19.45
月曜定休
(店の奥にはティールームもあります)

スペルラーリ(お菓子屋) Sperlari
Via Solferino 25
Tel 0372-22346
開店時間: 火曜日―金曜日8.30-12.30,15.30-19.30
土曜日9.00-13.00,15.30-19.30  日曜日10.00-13.00,15.30-19.30
月曜定休
(1836年創業のクレモナ一古いお菓子屋です)

ドンデオ(バール・ケーキ屋) Pasticceria Dondeo 
Via Alighieri Dante 38
Tel 0372-21224
開店時間: 月曜、水曜から土曜6.00-20.00  日曜6.00-13.00,15.30-20.00
火曜定休
(クレモナ駅前広場横にあり、出発前のお土産を買うのに便利です。バールも併設されているのでお店の中でティータイムも楽しめます)

■バイオリン関連グッズ
クレモナ弦楽器製作者組合 Consorzio Liutai “A.Stradivari”
Piazza Stradivari 1
Tel 0372-463503
火曜から土曜まで11.00-13.00,16.00-18.30
日曜、月曜定休

ヴァイオリン博物館ブックショップBookshop Museo del Violino
Piazza Marconi 5, Museo del Violino
Tel 0372- 31743
火曜から日曜まで10.00-18.30
月曜定休





ヴァイオリンの町クレモナから
小都市を訪ねる旅  アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.