JAPANITALY Travel On-line

 
読み物・エッセイ  イタリア 音楽の旅
 
15 luglio 2005

■2005年夏の音楽祭特集(2)■



牧野 宣彦


今回は第一回で掲載できなかった夏の音楽祭をご案内します(2005年夏の音楽祭特集(1)へ)。

特報!

*スポレート Spoleto
スポレートのテアトロ・リリコ・スペリメンターレ劇場では、日本のヴェルディ協会 と共同企画で「SPOLETO −TOKYO−OPERA」が8月に開催され、 「曽根崎心中」とヴェルディの最初のオペラ「オベルト、サン・ボニファーチョ伯 爵」が上演されます。

-8/19(金)21(日) Oberto,Conte di San Bonifacio オベルト、サン・ボニファーチョ伯爵
-8/20(土) 21(日) Sonezaki shinju 曽根崎心中
-8/21(日) TRAVIATA GIAPPONESE

●チケット Biglietteria
Teatro Lirico Sperimentale
電話:0743 221645 Fax:0743 222930
URL:http://www.tls-belli.it
E-mail:teatrolirico@tls-belli.it

1. ぺーザロ Pesaro

ペーザロのあるイタリア東岸のアドリア海沿いにはリミニ、リッチオーネなどのリゾート地が続いている。夏はペーザロも多くの海水浴で賑わうが、1792年ここでジョアキ―ノ・ロッシー二が生まれている。そして彼に因んで始まったのがロッシーニ音楽祭で、開始は1980年、最近ではイタリア夏の音楽祭の中で最も水準が高いといわれている。

今年の開幕は8月8日から8月22日まで。ペーザロでは3つのオペラが上演される。
今年の最大の目玉はパラフェスティバルで上演される「セヴィリアの理髪師 IL Barbiere di Siviglia」、現代最高のテノール歌手の1人J.D.フローレスがアルマヴィヴァ伯爵を歌う。演出はルカ・ロンコーニ。
テアトロ・ロッシーニで上演される「ビアンカとファッリエロBianca e Falliero」は、1819年ミラノのスカラ座で上演された2幕のオペラでロッシーニの中期の作品、上演される機会が少ないので見逃せない。新演出でメゾソプラノのバルチェローナ、マリア・バーヨなど名歌手が出演する。「ラ・ガゼッタLa Gazzetta」は、2001年に上演されたダリオ・フォーの賑やかな演出が思い出される。他に「スタバト・マーテル」、ブッファや若い演奏家の上演、コンサートなどがある。

※ホテル、レストラン、音楽史跡などは2004年4月15日号の「音楽の旅」を参照にして下さい。

●日程表(括弧<>内は公演場所)
-ビアンカとファッリエロ Bianca e Falliero 8/8,11,14,17,20<Teatro Rossini> 開演 20:00
-ラ・ガゼッタLa Gazzetta 8/9,12,15,18,21 <Auditorium Pedorotti> 開演 20:00 (8/21は開演17:00)
-セヴィリアの理髪師 Il Barbiere di Siviglia <Palafetival> 8/10,13,16,19,22 開演 20:00
-スタバト・マーテル Stabat Mater 8/21<Palafestival> 開演 22:00
-ファルサの世界 Il Mondo Delle Farse Arrighetto 8/10,13 <Teatro Sperimentale> 開演 12:00
-ランスの旅 Il viaggio a Reims 7/25 <Teatro Sperimentale> 開演 20:00、 8/12,14 <Plafestival> 開演 11:00
-ベルカント・コンサート 出演:Joyce di Donato 8/15 <Teatro Rossini> 開演 17:00
-ベルカント・コンサート 出演:Bruno Pratico 8/20 <Teatro Rossini> 開演 17:00
-ベルカント・コンサート 出演::Maria Bayo 8/22 <Teatro Rossini> 開演 17:00
-Rossinimania 8/19 <Chiesa di Sant'Agostino> 開演 17:00
-Pettite Messe Solennelle 8/9 <Teatro Rossini> 開演 17:00

●チケットオフィス 
Via Rossini 241 - 61100 Pesaro
電話:(国番号39)0721 3800294 Fax:0721 3800220
URL: http://www.rossinioperafestival.it
E-mail: boxoffice@rossinioperafestival.it

2. マチェラータ Macerata

マルケ州の県都であるマチェラータは、中世の面影を色濃く残している。ここでは毎夏19世紀に建設されたスフェルステリオ球技場Sferisterio で1921年ごろから音楽祭が開催されている。今年は第41回目に当たり以下の様なプログラムの上演が予定されている。

今年はプーランクの珍しいオペラ「テレジアスの乳房」、ヴェルディ、プッチーニ,ジョルダーノなど多彩なプログラムが組まれている。一つの作曲家に固執しないところにこの音楽祭の運営の姿勢が見える。

マチェラータからバスで一時間位の所にレカナーティの街があり、ここは大詩人レオパルディの生れた家がある。また、戦前から戦後にかけて活躍した名テノール ベニヤミーノ・ジーリの生れた場所であり、ジーリ博物館があり、彼のお墓もある。時間がある人は是非訪ねられる事をお薦めします。

●日程表
-プーランク作曲「ティレジアスの乳房Les mamaelles de Tiresias」、 Jean Cocteau 「Le bel indifferent」7/15,17<Teatro Lauro Rossi>
-ヴェルディ作曲「ドン・カルロDon Carlo」 7/16, 24,8/6,13
-プッチーニ作曲「トスカTosca」 7/31, 8/4,7,11,14
-ジョルダーノ作曲「アンドレア・シェニエAndrea Chenier」 7/23,8/5,10,12

●チケットオフィス
Piazza Mazzini.10 -62100 Macerata
電話: (国番号39)0733 230735 233508 Fax:0733 261570
E-mail: info@macerataopera.org
URL: http://www.macerataopera.org

3. トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ Torre del Lago Puccini

プッチーニが、1884年から住んでいたトッレ・デル・ラーゴ・プッチー二で毎年開催されるプッチーニ音楽祭も今年で50回目を迎え、7月23日から8月21日まで約1ヶ月開催される。

ここは交通の便は良くないが、近くにはトスカーナ最大の海のリゾートヴィアレッジョや斜塔で有名なピサ、プッチーニの生家のあるルッカなど歴史に彩られた素晴らしい街が点在している。オペラはプッチーニが狩猟をしていたマサチュウコリ湖の畔の野外劇場で上演される。劇場は最近改装され立派になったという。観劇される方は、蚊が出るかもしれないので半袖でなく長袖のシャツを着ることをお薦めします。

●日程表
-マダマ・バタフライ Madama Butterfly 8/5,11,17 開演 21:15
-ラ・ボエーム La Boheme 7/23,31,8/6,18,21 開演 21:15
-トゥーランドット Turandot 7/29,8/7,13,20 開演 21:15
-西部の娘 La Fanciulla del West 7/22,30,8/12 開演 21:15

●チケットオフィス
Biglietteria Festival Puccini
Viale Puccini 257/A Torre del Lago Puccini(Lucca)
電話:(国番号39)0584 359322 Fax:0584 350277
E-mail: ticketofficepuccini@tiscalinet.it
URL: http://www.puccinifestival.it

4. モンテプルチアーノ  Montepulciano

トスカーナの有名ワインのひとつヴィーノ・ノヴィーレ・モンテプルチアーノVino Nobile Montepulcianoは、名前の通り芳醇な味わいと高貴な香りで知られる最高のワインだ。街はオルチア川とヴァルデキアーナ渓谷に挟まれた小高い丘の上にある。ルネッサンスの詩人であり、人文学者であったアニョーロ・アンブロジー二Agnolo Ambroginiは、ポリツィアーノPolizianoという愛称で呼ばれた。それはラテン語ではこの地がモンス・ポリティアヌスMons Politianusと呼ばれていたからだった。

この中世のたたずまいのする町で開催される国際芸術工房Cantiere Internazional D'Arteは今年で30回目を迎え、7月21日から7月31日まで開催される。
今年も偉大な詩人ポリツィアーノPoliziano の名前を持つテアトロ・ポリツィアーノTeatro Polizianoなどの場所で、他にコンチェルトやバレエ、映画など沢山の公演がある。関心のある人はホームページで詳細をご覧下さい。

●日程表
-7/22(金) <Teatro Poliziano> 時間 21:15
-7/24(日) <Teatro Poliziano> 18:00 Tippett The Knot Garden(イタリア初演) Young Janack Philhamonic Orchestra  指揮: Jan Latham Koening
-7/23(土) <Salone di Palazzo Ricci> 時間 18:00  室内楽コンサート Corncerto di Muscia da Camera degli allievi del corso di musica da camera per archi di Walter Levin
-7/23(土) <Piazza Grande>時間 21:30 Paisiello/Henze Don Chisciotte 指揮: Francesco Vizioli Bande dell'Istituto di Musica di Montepulciano, della Societa Filhamonica di Sarteano della Filarmonica Puccini di Abbadia San Salvatore, Solisti della Young Janacek Philharmonic Orchestra
-7/23(土) <Cantinonearte> 時間 24:00 Il Cantiere trent'anni fa
-7/24(日) <Cantinonearte> 時間 24:00 Don Chisciotte di Georg Wilhelm Pabst
-7/25(月) <Cantinonearte> 時間 24:00 Henze e il cinema(1 parte)
-7/24(日) <Sala Macelli>時間 21:15 器楽コンサート シューベルト、アルベニス、ウェーベルン、ドビッシー,武満、プーランクなどの作品 -7/25(日) <Piazza Grande> 時間 21:30 Paisiello/Henze Don Chisciotte
-7/26(火) <Teatro Poliziano> 時間 18:00 Concerto dell'Istituto di Musica di Montepulciano ヘンツェ,ボッセロ、グラネルトなどの作品 /時間 21:15 Ramin Bahrami ピアノコンサート バッハのゴールドベルク変奏曲
-7/26(火) <Cantinonearte> 時間 24:00  Il fiore dell Mille e una notte di Pier Paolo Pasolini
-7/27(水)<Cantinonearte> 時間 18:00 マサッチオ弦楽4重奏団コンサート: ハイドン、モーツァルト、ベートーベンなどの作品 /時間 24:00 Cinema di Notte Henze e il cinema(2): Muriel di Alai Resnais
-7/27(水)<Teatro Poliziano> 時間 21:15 室内楽コンサート ドビッシー、ストラヴィンスキー、バッティステッリ、バルトークなどの作品
-7/28(木) <Sala Macelli> 時間 21:15 Young Janacek Philharmonic Orchestra コンサート 指揮: Jan Latham-Koening アルカ、ストラヴィンスキー、ドビッシー、サンリなどの作品
-7/28(木) <Cantinonearte> 時間 24:00 Cinema di Notte: Don Chisciotte di Grigorij Kozincev
-7/29(金) <Cantinonearte> 時間 18:00 バイオンリン、コントラバスなどのコンサート Biber,Vogt Ranjbaran,Sanri,Tuur などの作品
-7/29(金) <Piazza Grande> 時間 21:30 Spettacolo Persiano
-7/29(金) <Cantinonearte> 時間 24:00 cinema di notteHenze e il cinema(3): Il caso Katharina Blum di Volker Schloendorff
-7/29(金) <Piazza Grande> 時間 21:30 Spettacolo Persiano
-7/30(土) <Cattedrale> 時間 18:00 Capella Ducale Venetia Rovetta: Missa pro difunctis a otto voci 指揮: Livio Picotti
-7/30(土) <Cantinonearte> 時間 24:00 Cinema di Notte I ragazzi del cielo di Majid Majidi
-7/31(日) <Cantinonearte> 時間 18:00 Concerto di musica persiana
-7/31(日) <Piazza Grande> 時間 21:30 最後のコンサート Ranjbaran,Henze, Mozartoの「レクイエム」などのコンサート

●チケットオフィス
Piazza Grande,7 Montepulciano
電話:(国番号39)0578 712225/ 712227/757089 Fax:0578 757355
E-mail: istruzioneculturasociale@comune.montepulciano.si.it または
comunicazione@comune.montepulciano.si.it
URL: http://nautilus-mp.com/cantiere







毎年イタリアでは各地で夏の音楽祭が開かれている。一番早い音楽祭は6月中頃から始まり、ヴェローナの音楽祭が一番長く8月末に終了する。
去年に続いて今年も夏の音楽祭を案内します。オペラ、コンサート、演劇、映画など多彩なプログラムが組まれていますが、主にオペラを中心に紹介します。


1. スポレート Spoleto

ウンブリアのスポレートはローマから約1時間半で行け、中世のたたずまいが残り、魅力溢れる町である。ここでは洒落た工房や歴史ある街並みが現存し、息づいている。
スポレートの音楽祭はオペラ、コンサート、演劇、ダンス、映画など多彩なプログラムが組まれているが、主にオペラ、コンサートを中心にご紹介します。

イタリアのカデリアーノに1911年に生まれ、ミラノのヴェルディ音楽院で学びアメリカに移住したジャン・カルロ・メノッティGian Carlo Menottiが両国友好の架け橋の為に1958年に始めたのがスポレートの「二つの世界 Festival Dei Due Mondi」音楽祭である。毎年ユニークな演目で一部の愛好家には熱烈に支持されている。

●日程表(括弧<>内は公演場所)
-開幕コンサート Orchestre National de Belgique 指揮:Mikko Franck ピアノ:Jean-Yves Thibaudet ベートーベン、チャイコフスキーの作品など 7/2 <Piazza Duomo>
-Palast Orchester Anteprima 7/1<Teatro Caio Melisso>
-Concerto in Piazza Duomo 7/3<Piazza Duomo>
-Dance Gala 7/8,9,10<Piazza Duomo>
-ヘンデル作曲「Fernando Re di Castiglia」指揮:Alan Curtis 7/12,13,15,16<Teatro Caio Melisso>
- Marionette Colla (Programma Michele Strogoff) 7/2,5,6,7,8,9 (20:30) 7/3(15:30) 7/10(20:30) <Chiesa dei SS.Stefano e Tommaso>
-Marionette Colla(Programma 2 La Lampada di Aladino) Compagnia Marionettistica Carlo Colla & figli 7/12,13,14,15,16(20:30) 7/17(15:30) <Chiesa de SS.Stefano e Tommaso>

●チケットオフィス Box Office
Piazza della Liberta 12- Zip code 06049 電話: (国番号39)0743-220320 Fax: 0743-220321 free dial: 800 56 56 00
URL: http://www.spoletofestival.it
Onlinebooking: http://www.artacom.it/spoleto

2. ヴェローナ Verona

ユネスコの世界遺産になっているヴェローナは中世のたたずまいの残る美しい街で、ロミオとジュリエットの舞台となった街として知られ、夏は多くの観光客で賑わう。

イタリア最大の音楽祭が開催されるヴェローナの円形劇場は、1世紀に建設されたといわれるローマ時代の建造物である。1786年ヴェローナに来たゲーテはこの野外劇場を見て「この円形劇場は古代の重要記念物のうち、私の見る最初のものであり、実によく保存されている。」とその印象を書き記している。去年見たマリエラ・デヴィアの出演した「ラ・トラヴィアタLa Travita」は期待して行ったが、グラム・ヴィックの演出は、ひどいもので、作曲者の意図と全く反するものだと思った。

今年は6月17日の「ラ・ジョコンダLa Giconda」で開幕し、8月末まで公演が行われる。今年の最大の見ものは現代最高の舞台演出家のピエール・ルイジ・ピッツィが演出する「ラ・ジョコンダ」であろう。指揮はドナート・レンツェッティ、タイトルロールはアンドレア・グルバー、アルヴィーゼをカルロ・コロンバーラなどが歌う。2003年のグラッツァーノ・グレゴリの演出で再演される「ナブッコ」は、指揮がVjekoslav Sutejで主役のナブッコをレオ・ヌッチが歌う。 そういえばマリア・カラスがアレーナにデビューしたのは1947年8月2日にセラフィン、リチャード・タッカーなどによって上演された「ラ・ジョコンダ」だった。
「ラ・ボエームLa Boheme」はダニエル・オレンの指揮でミミをチェドリンスが歌う。去年彼女は「マダム・バタフライ」で素晴らしい蝶ちょうさんを見せてくれた。
「トゥーランドットTurandot」は8月から上演され、トゥーランドットをアンドレア・グルバー、カラフをホセ・クーラが歌う予定。
他に毎年上演がある「アイーダAida」などがある(トップの写真)。長い日数に渡って公演があるので,キャストは変わる可能性があるのでチェックして行くことをお薦めします。

※ホテル、レストランについてはバックナンバー2003年12月15日号のヴェローナの項を御参照下さい。

●日程表
-ラ・ジョコンダ La Giconda 6/17,25 7/2,12,16,21,30
-アイーダ Aida 6/23,26 7/3,10,14,17,20,24,27,31,8/4,7,14,18,21,25,28,31
-ナブッコ Nabucco 6/18,24 7/1,8,15,19,22,29 8/5,16,19,23,26
-ラ・ボエーム La Boheme 7/91,13,23,28 8/6,12,20
-トゥランドット Turandot 8/13,17,24,27,30
-リゴレット Regoletto 8/14,18,21,25,28

●チケットオフィス
Fondazione Arena di Verona
Via Dietro Anfiteatro 6/B 37121 Verona
電話: (国番号39)045-8005151 Fax: 045-8013287
URL: http://www.arena.it

3. ラヴェンナ Ravenna

西暦402年皇帝ホリノウスが、西ローマ帝国の首都をミラノからラヴェンナに移した事でこの街は発展を遂げた。547年から548年にかけてマクシミアヌス司教によって献堂されたサン・ヴィターレ教会San Vitaleの黄金に輝くモザイクが人を惹きつけてやまないラヴェンナでは1990年から夏に音楽祭が開催されている。

今年の音楽祭は6月18日にグノー作曲のオペラ「ファウストFaust」で開幕し、コンサート、バレエなど多彩なプログラムが組まれ、7月24日迄開催される。

※ホテル、レストラン、街の見所などはバックナンバー2005年5月号のラヴェンナの項参照。

●日程表
-グノー作曲「ファウストFaust」6/18,20,22 (20:30) <Teatro Alighieri>
-ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニックコンサート ドビッシュー、シベリウスなどの作品 6/19 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-La Mano 6/23,24,25 (20:30) <Teatro delle Albe Teatro Rassi>
-Vanida concerto per pianoforte e due voci 6/23,24,25 (20:30) <Magazzino dello Zolfo>
-Orchestra Giovanile “Luigi Cherubini” 6/24 (21:00) <Teatro Alighieri>
-バレエ「ジゼルGiselle」6/25 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-ムーティ指揮、オーケストラコンサート Prova d’orchestra di Riccardo Muti 6/27 (21:00) <Teatro Alghieri >
-Nextime Ensemble 6/28 Palazzo Mauro de Andre 21:00
-ムーティ指揮、オーケストラコンサート Orchestra Giovanile “Luigi Cherubini” 6/29 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-ディエゴ・マッソン指揮、ロンドン・シンフォニエッタ 6/30 (21:30) <Palazzo Mauro de Andre>
-ディエゴ・マッソン指揮、ロンドン・シンフォニエッタ 7/1 <Palazzo Mauro de Andre>
-アルバン・ベルク四重奏団コンサート <Chiostri Biblioteca Classense>
-ムーティ指揮、スカラ座フィルハーモニーコンサート Arrigo Boitoの作品「Mefistofele」プロローグ、アリア、エピローグ 7/3 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-ムーティ指揮、スカラ座フィルハーモニーコンサート Arrigo Boitoの作品「Mefistofele」プロローグ、アリア、エピローグ7/4 (21:00) <Teatro Romano Sabratha>
-Spettacolo di Musica Tuareg 7/5 (21:00) <Teatro romano di Leptis Magna>
-ジョルジョ・ぺリヴァニアン指揮、スロヴェニアフィルハーモニーオーケストラ コンサート [スメタナ、ショスタコーヴィッチ] 7/6 (21:00) <Teatro Alighieri>
-ムーティによるカルロス・クラバー追悼コンサート、スロヴェニアオーケストラ  シューベルト「未完成」、ブラームスの作品など 7/7 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-スカラ座弦楽四重奏団コンサート 7/8 (21:00) <Chiostri Bibliteca Classense>
-Corpo di Ballo del Teatro alla Scala 7/9 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-Ravenna bella di sera Desert Blues 7/10 (21:00) <Piazza del Popolo>
-Omaggio a Nino Maioli(1907‐1985) 7/12 (21:00) <Teatro Rassi>
-モンテヴェルディ作曲「Vespro della Beata Vergine」 7/14 (21:00) <San’Apollinare in classe>
-クルト・ヴェイル作曲「One touchi of Venus」 7/15,17,21 (20:30) <Teatro Alighieri>
-Marth Graham Dance Company 7/19 (21:00) <Palazzo Mauro de Andre>
-Brian Wilson 7/20 (21:00)<Palazzo Mauro de Andre>
-Concerto per Sant’Apollinare 7/23 (21:00) <Sant’Apollinare in classe>
-Orchestra e coro del Teatro Marinskij di San Pietroburgo 指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ、スクリヤビン、ラフマニノフの作品 7/24 (21:00)

●チケットオフィス
Teatro Alighieri,via Mariani 2 48100 Ravenna
電話: (国番号39)0544 249244 Fax: 0544 215840
URL: http://www.ravennafestival.org
E-mail: tickets@ravennafestival.org

4. マルティナ・フランカ Martina Franca

マルティナ・フランカはプーリア州の小さな街で、トゥルッリで有名なアルべロベッロAlberobelloや海沿いの斜面に広がる白い石灰で覆われた街オストゥーニOstuni、バロックの街レッチェLecceなどの観光地にも近い。この町で毎夏行われるヴァッレ・ディートリア音楽祭Festival della Valle d’Itriaは、毎年普通の劇場ではあまり上演されない珍しいオペラの上演があり、注目を集めている。

今年はマルケッティMarchettiの「ロメオとジュリエットRomeo e Giulietta」、Cherubiniの「Los Sposo di Tre e Marito di Nessun」などの珍しいオペラ上演がある。それとベッリーニの名作「イ・カプレーティとイ・モンテッキI Capuleti e I Montecchi」があるが、時代の設定を現代に置き換えて上演すると書かれているので、古典的な舞台が好きな人には耐えられないであろう。入場料金が安いので、ヴェローナの様なグランドオペラが好きな人には舞台が物足りないかもしれない。

●日程表
-MARCHETTI作曲「Romeo e Giulietta」 7/21,23 <Palazzo Ducale> (時代設定を現代に置き換えて上演)
-Cherubini作曲「Lo Sposo di Tre e Marito Nessuna」7/24,26 <Palazzo Ducale> (時代設定を現代に置き換えて上演)
-Giordano,Respighi,Pizzetti,Petrassi,Rota作曲「Vitalita del Novecento Italiano」 7/22 <Chiostro di S.Domenico>
-Aprile,Farinelli作曲「Farinelli,Imperatore del Settecento」 7/28 <Chiostro di S.Domenico>, 7/30 <Andria>
-Recital di Canto 7/31 <Palazzo Ducale>
-Vaccaj,Zingarelli,Bellini,Berlioz,Gounod「Romeo e Giulietta un Mito Immortale」  8/2 <Chiostro di S.Domenico>, 8/4 <San Marco in Lamis>
-Chierubini作曲「Requiem」 8/6 <Basilica di S.Martino>, 8/8 <Bitonto>, 8/10 <Brindisi>, 8/11 <Lucera>
-Bellini作曲「I Capuleti e I Montecchi」8/7、8/9 <Palazzo Ducale>(時代設定を現代に置き換えて上演)

●チケットオフィス
Centro Artistico Musicale Paolo Grassi
Palazzo Ducale Martina Franca
電話:(国番号39)080-4805100 Fax: 080-4805120
URL: http://www.festivaldellavalleditria.it
E-mail: festivaldellavalleditria@tin.it

5. トリエステ Trieste

長い間オーストリアに統治されていたトリエステはイタリアでありながらウィーンの雰囲気が漂う。街の中心ウニタ・ディタリア広場には、壮麗なネオクラシックの建築が立ち並び、郊外には白亜のミラマーレ城があり、その美しい姿をアドリア海に写している。
城内では城を建てたマクシミリアンとシャルロッテ、ギリシャに行く時、よくこの城に立ち寄ったエリザベート皇妃の肖像画などが展示されている。

トリエステの通常のオペラシーズンは11月から6月頃まで。このトリエステに夏オペレッタフェスティバルがあり、安い金額で、質の高いオペレッタが鑑賞できることは案外知られていない。今年でこのオペレッタフェスティバルも36回目を迎える。私は今トリエステがウィーンを含めて、世界で最も質の高いオペレッタが見られると思っている。去年私はエリザベート縁のミラマーレ城でミユージカル「エリザベート」を見る予定だったが雨で中止になった。今年もエリザベートの上演があるので、是非見てみたい。その他に「こうもり」「メリーウィドゥー」などオペレッタの名作の上演がある。

※トリエステのホテル、レストラン、カフェなどの案内については、JITRAのバックナンバー2003年5月15日号トリエステを参照して下さい。

●日程表
-Il Pipistrello(こうもり) 6/30,7/2,3,5,7,9 <Teatro Giuseppe Verdi>
-Nunsense 7/13,14 <Sala Tripcovich>
-Grease 7/15,16,17 <Sala Tripcovich>
-Omaggio a Benny Goodmann il Frenetico Swing di un Immmortale 7/20 <Parco del Castello di Miramare>
-Jazz nel Parco 7/24 <Parco del Castello di Miramare>
-La Vedova Allegra 7/19,21,23,26,27,29 <Teatro Giuseppe Verdi>
-Elisabeth 7/31,8/2,3,4,5,6 <Parco del Castello di Miramare>
-Dal Film al Musical 8/7 <Parco del Casetello di Miramare>
-Ballet Folklorico de Cuba “Noche en La Havana” 8/13,14 <Parco del Castello Miramare>

●チケットオフィス Biglietteria del Festival
Teatro Lirico “Giuseppe Verdi” Riva 3 Novembre,1 34121 Trieste
電話: (国番号39)040-6722111 Fax:040-6722249
URL: http://www.teatroverdi-trieste.com
E-mail: boxoffice@teatroverdi-trieste.com

6. ローマ Roma

ローマにニューオペラフェスティバルというのがある。1995年頃から開催され、バジリカ・サン・クレメンテBasilica San Clementeで上演される。過去には1999年にスタバト・マーテル、2001年にはジュリオ・チェザーレなどのユニークな作品が上演された。プログラムにはオペラ、コンサート、室内楽などがある。
今年は6月22日から8月15日まで開催される。下記のようなプログラムの他に室内楽のコンサートなどがある。

※ローマのホテル、レストランなどの案内については2003年1月15日ローマのバックナンバーを参照して下さい。

●日程表
-リゴレット Rigoretto 6/21,28, 8/7,14
-3人のテノールコンサート Three tenors in concert 6/29, 7/25, 8/10 <San Clemente>
-ヴェルディの歌コンサート Tribute to Verdi 6/22 <San Clemente>
-トスカ Tosca 6/25, 7/2,9,16, 8/13 <San Clemente>
-ラ・トラヴィアタ La Traviata 6/24, 7/1,8,15, 8/5,12 <San Clemente>
-ラ・ボエーム La Boheme 7/10,17, 8/15 <San Clemente>
-ナポリターナのコンサート Canzoni Napoletane 8/9 <San Clemente>
-プッチーニの歌コンサート 7/5 <San Clemente>
-フィガロの結婚 Le Nozze di Figaro 7/22,23,24,26,27,29,30 <San Clemente>
-マダム・バタフライ Madama Butterfly 7/7,14 <San Clemente>
-ブラームス・ベートーベン室内楽コンサート 6/27 <San Clemente>
-アストール・ピアゾラ・タンゴ・コンサート 6/23, 7/4, 8/8 <San Clemente>
-Florilegio 歌コンサート 7/11 <San Clemente>
-バッハ・ヴィヴァルディコンサート 7/12 <San Clemente>
-室内コンサート 7/13 <San Clemente>
-バッハ・ヴィヴァルディ・ハイドン・コンサート 8/2 <San Clemente>
-グラン・ガラコンサート 7/3,31 <San Clemente>
-ヴィヴァルディ作「四季」コンサート 8/11 <San Clemente>
-モーツァルトの歌のコンサート 7/6
-ヴィヴァルディ作曲バイオリンコンチェルト「四季」 8/11

●チケットオフィス
予約電話: (国番号39)06 5611519, 06 3215068
URL: http://www.newoperafestivaldiroma.com
E-mail: reserv@tion

7. ローマ・カラカラ浴場オペラ Terme di Caracalla

古代ローマ時代の217年にカラカラ帝によって完成したカラカラ浴場はローマのテルメの中でも最も美しくて豪華。全体の大きさは337m X 328m、浴場本体だけでも220 m X 114mもある。ローマ時代テルメは単なる浴場だけでなく、音楽、運動、演劇、読書、スポーツ観戦、散策など全てを楽しむ事が出来る総合レジャー施設だった。
1937年から7月、8月のみこの古代の遺跡でオペラ、バレエなどが上演されていた。一時修復の為に中断していたが、2004年から直径34mのカルダリウムでオペラが上演されている。野外の古代遺跡という地の利を生かしてどんな舞台をみせてくれるのか期待が膨らむ。

今年は7月5日から8月14日まで行われ、オペラはヴェルディの「アイーダ」、「マダマ・バタフライ」、その他にチャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖 Il Lago dei Cigni」がある。

●日程表
-Balle Montecarlo 7/5,6 (21:00)
-Madama Butterfly 7/9,10,13,15 (21:00)
-Aida 7/23,24,27,29,30,8/2,3,4 (21:00)
-Il LAGO DEI CIGNI 白鳥の湖 8/10,11,12,13,14 (21:00)

●インフォメーションとチケットの予約
Cooperativa “IL Sogno”
Viale Regina Margherita,192 00198 Roma
Tel: 06 85301758 Fax:06 85301756
URL: http://www.romeguide.it/teatri/caracalla/caracallaestate2004.htm
E-mail: ilsogno@romeguide.it

8. ブッセート Busseto

ヴェルディの生まれたレ・ロンコーレLe Roncoleに近いブッセートBussetoは、ヴェルディが住んでいた所で、ヴェルディ劇場TEATRO VERDI、ヴェルディの住んでいたCASA Brezziの家、ヴェルディが最初の結婚をした教会などが残っている。
ここでは毎年ヴェルディのオペラを歌う若い人の発掘を目的としたヴェルディコンクールが開催され、ヴェルディのオペラが上演される。夏にはヴェルディのオペラの上演が広場で開催される。

●日程表
-ヴェルディ作曲「ラ・トラヴィアタLa Traviata」 7/7,9,10 (21:30) <Campo S.Maria degli Angeli >
-ヴェルディ作曲「アッティラ Attila」 7/27,29,31 (21:30) <Campo S.Maria degli Angeli>

●チケットオフィス
Fondazione Arturo Toscanini
Palazzo Marchi-Strada della Repubblica 57 43100 Parma
Tel:0521 391320, 391311 Fax:0521 391312
URL: http://www.fondazione-toscanini.it
E-mail: info@fondazione-toscanini.it


著者プロフィール

牧野宣彦(まきののぶひこ)


早大卒。1974年、旅行会社にて日本初のニューイヤー、スカラ座オペラツァーを企画。その後コンピュータ会社を経て、1998年よりイタリアに住み、現在ボローニャ在住。フリーのトラベルライターとして、イタリアの旅行、音楽、グルメ関係の執筆、写真撮影を行う。
著書
「イタリアのべストラン」(透土社):トスカーナとイタリアのベストレストラン、ワイナリーなどを紹介。イタリア料理の人気の秘密をフランス料理と比較して解説。「イタリア歴史的ホテル・レストラン・カフェ」(三修社):イタリア各地の歴史的な面白い場所を203箇所紹介。イタリアで一番面白いガイドブック。「イタリアオペラツァー」(あんず堂):イタリア30都市でのオペラ体験紀行。音楽史跡、劇場、博物館、オペラを聞くために便利なホテル、レストランなど面白い情報を紹介。
 





読み物・エッセイ
読み物・エッセーバックナンバーへこのページのTOPへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.