JAPANITALY Travel On-line



検索INDEX
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
  旅会話レッスン バックナンバー
 
15 settembre 2004


LEZIONE 67 〜映画について話す

高田 和文







今回は映画について話すときに使う表現を覚えましょう。イタリアは世界でも有数の映画大国で、今もなおすばらしい作品を生み続けています。イタリア人は映画ファンが多く、また自分が見た映画、好きな映画について意見や感想を積極的に話し合います。いくつかの基本的な用語と表現を覚えておけば、映画についての会話はそれほど難しくはありません。だいじなのはむしろ、自分なりの見方や意見をしっかり持つことです。 

キーフレーズ
Questo e' un film storico. これは歴史映画だ。
クェスト エ ウン フィルム ストーリコ

Il regista e' Nanni Moretti. 監督はナンニ・モレッティだ。
イル レジスタ エ ナンニ モレッティ

Ha vinto un premio al festival di Cannes.  それはカンヌ映画祭で賞を取った。
ア ヴィント ウン プレーミオ アル フェスティヴァル ディ カンヌ



●こんな場面で

1)映画のジャンル・種類を言う

一口に「映画」と言っても、イタリア語では映画全体を指して言う場合は cinema、個々の映画作品を指す場合には film という語を使います。まずこの区別をしっかり覚えてください。andare al cinema(映画に行く)、vedere un film(映画を見る)といった具体例で覚えておくとよいでしょう。映画のジャンルにはさまざまな表現があります。基本的なジャンル、自分の好きなジャンルを中心に覚えるようにしましょう。giallo(黄色の)やrosa(ピンクの)は、もともと色を表す語ですが、映画のジャンルではそれぞれ「サスペンス映画」「恋愛映画」の意味になります。

Mi piace il cinema italiano.私はイタリア映画が好きだ。
ミ ピアーチェ イル チネマ イタリアーノ

Vorrei vedere un film comico [drammatico]. 私は喜劇映画[ドラマ映画]を見たい。
ヴォレイ ヴェデーレ ウン フィルム コーミコ[ドランマーティコ]

Vuoi vedere un film di fantascienza [dell'orrore]?君はSF映画[ホラー映画]を見たい?
ヴォイ ヴェデーレ ウン フィルム ディ ファンタシェンツァ[デッロッローレ]

Vedo spesso un film giallo [rosa].私はサスペンス映画[恋愛映画]をよく見る。
ヴェード スペッソ ウン フィルム ジャッロ[ローザ]

 

2)映画について意見・感想を言う

自分が見た映画や好きな映画について、いちおうの意見や感想を言えるようにしておきましょう。単なる好き嫌いの表現でなく、どこがいいのか、あるいは悪いのかを具体的に説明すると相手との会話がより深まります。そのためには、映画に関する必要最小限の専門用語を知っておかなければなりません。また、言葉の能力も重要ですが、それ以上にふだんから自分の意見をしっかり持つように心がけてください。

La sceneggiatura e' meravigliosa. 脚本がすばらしい。
ラ シェネッジャトゥーラ エ メラヴィリオーザ

Alcune immagini sono affascinanti.いくつかの映像が魅力的だ。
アルクーネ インマージニ ソーノ アッファシナンティ

Quella scena mi ha colpito profondamente.あの場面に私は深く感動した。
クェッラ シェーナ ミ ア コルピート プロフォンダメンテ

L'attrice e' bravissima. 女優がとてもうまい!
ラットリーチェ エ ブラヴィッシマ


講師プロフィール

高田和文(たかだ かずふみ)
静岡文化芸術大学教授。NHKラジオ・イタリア語講座講師。著書に「話すためのイタリア語」(白水社)、「NHKスタンダード40イタリ ア語」(NHK出版)など。    



イタリア旅会話レッスン バックナンバー
このページのTOPへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.