JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧


スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー  旅会話レッスン
 
15 marzo 2004


LEZIONE 62〜 最上級の表現(1)

高田 和文








「いちばん〜だ」という最上級の表現を覚えましょう。これまでに勉強してきた比較の表現とよく似た構文になります。基本の構文をしっかり身につけてください。また、よく使われる形容詞とその語尾変化にも慣れておきましょう。定冠詞や形容詞の男性形・女性形、単数形・複数形は、頭で理解していても実際に使い分けるのはなかなかむずかしいものです。何度も繰り返し練習して慣れておくようにしましょう。

キーフレーズ

Questo palazzo è il piu' alto del quartiere.  この建物はこの地区でいちばん高い。
クェスト パラッツォ エ イル ピュ アルト デル クァルティエーレ

Quell'opera è la piu' famosa di tutte. あの作品はぜんぶの中でいちばん有名だ。
クェッローペラ エ ラ ピュ ファモーザ ディ トゥッテ



●こんな場面で

1)街角で
街角で、遺跡や建築物などについて話すときに、比較の表現と同様に最上級の表現を知っておくと便利です。単数のものについて言う基本の形は、E il piu ....(男性形)/E la piu .... (女性形)です。まずこれをしっかり覚えて下さい。あとに続く形容詞も、男性形と女性形を使い分けなければなりません。

Questa chiesa è la piu' antica della citta. この教会は町でいちばん古い。
クェスタ キエーザ エ ラ ピュ アンティーカ デッラ チッタ

Questo teatro è il piu' grande di tutti. この劇場はすべての中でいちばん大きい。
クェスト テアートロ エ イル ピュ グランデ ディ トゥッティ

Questi monumenti sono i piu' importanti. これらの遺跡はいちばん重要だ。
クェスティ モヌメンティ ソーノ イ ピュ インポルタンティ

Quelle sculture sono le piu' conosciute. あれらの彫刻はいちばんよく知られている。
クェッレ スクルトゥーレ ソーノ レ ピュ コノッシューテ

2)人物について話す
人物について話すときにも、最上級の表現を知っておくと便利です。基本の構文といっしょに、人物の特徴や性格を言うときによく使う形容詞も覚えておきましょう。イタリア人は他の人物についても、自分の意見や判断をかなりはっきりと言う傾向があります。自分の知っている実際の人物について、いろいろな文を作ってみてください。

Franco è il piu' intelligente di tutti. フランコはみんなの中でいちばん頭がいい。
フランコ エ イル ピュ インテリジェンテ ディ トゥッティ

Sandra è la piu' bella della classe. サンドラはクラスでいちばん美人だ。
サンドラ エ ラ ピュ ベッラ デッラ クラッセ

Antonio è il piu' simpatico dei miei amici. アントニオは私の友人たちの中でいちばん感じがいい。
アントニオ エ イル ピュ スィンパーティコ デイ ミエイ アミーチ


      

講師プロフィール

高田和文(たかだ かずふみ)
静岡文化芸術大学教授。NHKラジオ・イタリア語講座講師。著書に「話すためのイタリア語」(白水社)、、「NHKスタンダード40イタリ ア語」(NHK出版)など。    




読み物・エッセイ バックナンバー 旅会話レッスン
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.