JAPANITALY Travel On-line



検索
HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー

ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ

 
読み物・エッセイバックナンバー イタリア映画の旅
 
7 December 2000


第三回  北イタリアの憂鬱

〜ポー平野 la pianura padana (1)〜


林 直美


 

photo

映画 『にがい米 Riso amaro』

 

日本ではお気楽極楽のイタリアのイメージが猛威をふるうなか、「あの貧し かったイタリアは今いずこ…」と、一抹のノスタルジーとともに、ジリオラ ・チンクエッティGigliola Cinquettiのナイーブな声や、『自転車泥棒』の子供の泣きべそがかわいかっ たと思い出す世代の人々の口から必ずといっていいほど出てくる映画の題名 に、『にがい米 Riso amaro』(1949年 監督:ジュゼッペ・デ・サンティス Giuseppe De Santis)がある。この映画を思い出す人の脳裏には、なによりもまず、主演 のシルヴァーナ・マンガノSilvana Manganoの官能的な肉体が横切るのではなかろうか。

イタリアが生んだ国際的な大女優といえば日本ではむしろソフィア・ローレ ンSofia Lorenの方が有名ではあろうが、ローレンなどは決して起用しなかったヴィス コンティViscontiが、その後美しい貴婦人として用いた気品あふれる女優が このマンガノである。『にがい米』では、そのマンガノが、貧しい娘ならで はの、こすいような挑むような、それでいて不安げな目つきで、はちきれそ うな太ももを見せて田植えをしたり踊ったりしていたのだから、たまらない 。この映画はイタリアの国内外で大きな成功をおさめたが、それは端的にい って、この作品における肉感性あるいは肉体の存在感が、当時としてはあま りにも刺激的だったからだろう。決してだれもヌードになるわけではないの だが、今見ても十分に刺激的である。

昔、といっておそらく百年くらい前まではさすがにカトリックの規範が厳し く、女性が腕や脚を露出して、頭よりお尻を高く上げて屋外で作業するなど ということはまず考えられなかったため、田植えをするのはもっぱら山岳地 方などからの出稼ぎの男たちだったらしいが、この映画の頃にはこうやって 、特にその頃貧しかったヴェネトVeneto地方などから、映画の舞台であるピ エモンテPiemonteの稲作地帯へと出稼ぎの女性たちが大勢流れてきて田植え をしていたそうである。そんな女性たちが寝起きをしていたかと思われる農 家の大きな建物が、機械作業の進んだ今では、田んぼのまん中で荒れ放題に なっているのに出くわすことがある。見るとかたわらには小さな教会が、こ れも荒れ果て、壊れた戸口に近づこうにも、高く生い茂った雑草をふみしだ き、茨をていねいによけていかねばならない…。

ところで、このピエモンテ地方の水田地帯は、北イタリアの広大なポー平野 の一部である。ポー平野とはすなわちポー川流域の平野、今年10月に19人の 死者を出したイタリアの洪水で最も被害の大きかった地域である。北イタリ アを真一文字に横切るこのイタリア最大の川は、ピエモンテ地方とフランス との境に発し、まずトリノTorinoを通り、ヴェルチェッリVercelliの南から パヴィーアPavia、クレモーナCremona、マントヴァMantova、フェッラーラFer raraを通り、ラヴェンナRavennaの北でアドリア海に注ぎ込む。このうちのヴ ェルチェッリの周辺は、ピエモンテ地方最大の米どころ。『にがい米』はこ こで撮影されたとはその辺りの人々からの伝聞だが、まさに見渡すかぎりの 水田地帯である。秋から冬にかけては深い霧に覆われることが多く、夏の夕 暮れには黒い霧のように蚊が大発生してとても外には出られない所だが、春 から初夏にかけては、ことに水をはったばかりのどこまでも続く水田は静か な湖水のように空をうつし、サギの姿も多く見られるのどかな田園地帯であ る。

このどこまでも平坦な田園地帯を垂直に裁断するかのごとく、『にがい米』 の主人公シルヴァーナは、首飾りを盗んだり惚れた男に裏切られて殺してし まったりしたあと、最後に櫓から投身自殺をとげるのだが、この、不意にす べてを断ち切ろうとする垂直の構図は、1957年にいまひとつの映画でくり返 されることとなる。


<注>
女優シルヴァーナ・マンガノSilvana Manganoの姓は大抵「マンガーノ」と表記されているが、Manganoの読みは、 「マ」にアクセントをおくため、「マンガーノ」というのは間違いで、「マ ンガノ」である。
また、この場をかりてついでに訂正しておくと、監督エットレ・スコラEttore Scolaの名は、よく「エットーレ」と記されているが、これも「エ」にアクセ ントをおくため、「エットレ」と表記されるべきである。



著者プロフィール

林 直美(はやし なおみ)
大阪市出身。東京大学南欧文学科博士課程修了。フレーベル館から児童書の翻訳(伊・英・仏語)多数。ピエモンテ州ゲンメGhemme在住。

 




読み物・エッセイ バックナンバー イタリア映画の旅
このページのトップへHOME PAGEへ


 
http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.