JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
やっぱりトスカーナ! -鈴木奈月の絵画紀行-
 

15 maggio 2009

第4回 ソラーノ
絵と文  鈴木奈月


イタリアの山あいを車で回っていると、「おかしいなあ、もうそろそろ街に着くはずなんだけど…」なんて、 地図を右から見たり左からみたりしながらブツブツ…。すると、カーブを曲がった瞬間に、いきなり岩山の上にその街が現れたりして、びっくりすることがしばしばある。
あるいは、正面から見るとたいしたことのない街でも、通り過ぎようとして横手から見ると、とんでもない谷間の上の街だったんでびっくり!とか。

敵からの襲撃に備えるためだったとは解っちゃいても、「なんでこんなところに街なんか造るかなあ。ご苦労さんだねえ」と、そういう街に出会うたびに心底感心してしまうのだが、ソラーノもそんな街のひとつ。緑生い茂る中、谷底に流れ込むような感じで街が下へ下へと向かっている。こういう景色を見るとゾクゾクして、私はさっそくスケッチにとりかかる。

さて、私がスケッチをしている間、いつものように夫と子どもたちはそこらへんを散歩するのだが、しばらくすると「ねえ! こっちおいでよー! おもしろいよオ!」と夫の呼ぶ声。ふりむくと、道路の向こう側の壁面にある大きな洞穴のような中から、身体を乗り出して手をふっている。もう片方の手には、なぜかグラスを持っている。

なにやってんだ?と近付くと、なんとその洞穴では、数人のおじさんたちがワイン作りをしていた。 なかでも特に腕っぷしの強そうなおじさんが、大きな絞り機のハンドルを力まかせに回し、ぶどうを絞っている。絞られたぶどうは、見る見るうちにジュースとなって、バケツにたまっていく。ぶどうに骨なんかないけど、まさに骨の随まで搾り取る!といった感じだ。

その奥にはワインを熟成させるための樽があって、その手前のテーブルにはチーズやサラミ、ドライトマトやナスのオイル漬け等々いろんなものが並んでいて、まるでピクニックみたい。おじさんのひとりが、さっそく ワインの入ったグラスを差出してくれて「好きなだけ飲んで食べてきな!」とニコニコ笑う。これだからイタリアって好きなんだよなあ。

いわずもがな、私はすっかり酔っぱらって、スケッチどころではなくなってしまった。
Ps  隣街のピティリアーノPitiglianoもゾクゾクする街のひとつ。 観光は、合わせてどうぞ!


著者プロフィール
鈴木奈月 (Suzuki Natsuki) イラストレーター、エッセイスト
89年渡伊。フィレンツェ、ミラノ、カタンザーロに暮らし、現在はローマ郊外オスティア在住。主にイタリアの風景や食卓に関する絵を描き、暮らしのエッセーなどを本や雑誌に掲載する。現在、NHKラジオ・イタリア語テキストに「おばあちゃんのイタリア料理」連載中。

主な書籍
「イタリア・小さな街物語」(JTB出版)
「イタリア・パスタおいしい物語」(東京書籍)他多数

近年の主な活動
2006年11月 イタリア カタンザーロ市 ギャラリー「L'Artigiana」個展
2007年3月 ニッセイ・ライフプラザ内個展
2007年4月 日伊文化交流サロン「アッティコ」個展
2007年8月 文教堂書店・渋谷店のギャラリースペース個展
ソラーノ Sorano データ

■ソラーノ  グロセット県 (Provincia di Grosetto) 
トスカーナ州の南側、ウンブリア州やラツイオ州との州境に近い場所に位置する。
フィレンツェから160キロ、シエナから96キロ、グロセットから87キロ。ローマから146キロ、ペルージャから106キロ、オルヴィエートから53キロ。ボルセーナ湖から30キロ。

■交通アクセス
○ローマからは、国鉄SF(ピサ行き)で Albinia(アルビニア)まで。そこから RAMA バスで Pitigliano(ピティリアーノ)経由 - Sorano 行き

○ピサからは、国鉄SF(ローマ行き)で Grosseto(グロッセート)まで。そこから RAMA バスで Sorano まで。

イタリア国鉄サイト www.trenitalia.com
RAMA社サイト www.ramamobilita.it

■参考サイト
ソラーノ市サイト Comune di Sorano  http://www.comune.sorano.gr.it/
ロラーノ民間団体サイト http://www.soranofutura.it/index.htm
鈴木奈月さんの
JITRA連載オリジナル水彩画
「ソラーノ」を特別販売します



■作品名 「やっぱりトスカーナ! - ソラーノ」水彩画
■額装サイズ 横43.8cmx縦33.8cmx高1.1cm
■価格 42000円(税込)
■箱 イタリアでの額装の為、保存箱なし
■お申し込み方法 
   インターネット、Fax、もしくは電話でのお申し込み
   インターネット 本作品掲載ページ:
   http://www.salone-studiofiori.com/product/457
   Tel:047-354-0683   Fax:047-705-5660
■お支払い方法 銀行振込、郵便振替、代金引換払い、後払い、カード払いがご利用できます。
■お届け方法 宅配便にてお届け
■販売元  web shop「SALONE」:http://www.salone-studiofiori.com/
■お問い合わせ  studio FIORI e-mail: studio-fiori@w3.dion.ne.jp
   スタジオフィオリ 白井まで
   注:日本国内の発送に限らせていただきます。
   注:送料込みの価格です。(ただし沖縄、離島を除く)

やっぱりトスカーナ! -鈴木奈月の絵画紀行-
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.