JAPAN-ITALY Travel On-Line

小都市をたずねる旅 - ヴェネト見聞録 バックナンバー
15 Settembre 2003

第四回 詩人ゲーテの愛した湖

ガルダ湖(オリーブの岸辺)
−ヴェローナ県
Lago di Garda(La Riviera degli Olivi)−Provincia di Verona

                  



三浦 和美
photo1

   
ヴェネト、ロンバルディア、トレンティーノ・アルト・アディジェの3州にまたがるイタリア最大の湖、ガルダ湖。古くはベナコBenaco(ケルト語の岬を意味するBennachに由来する)湖と呼ばれ、ガルダという今の名称はドイツ語の“要塞”に発しているようです。ヴェネト側の湖岸は、オリーブの岸辺La Riviera degli Oliviと呼ばれ、青く澄んだ水面に古城が浮かび、いずこも絶景。温暖な保養地として、ブレンネロBrennero高速道路をぶっ飛ばしてやって来るドイツ人観光客の“植民地”状態ですが、ドイツ人に独り占めさせておく手はありません!スポーツ施設はもちろんテーマパークも目白押しなので、家族や友達でアクティブな旅を楽しみたい方には特におすすめです。

☆ラジーゼLazise
オリーブの岸辺の南端、ペスキエーラ・デル・ガルダPeschiera del Gardaから、国道249号線(別称、ガルデサーナGardesana)を北に進んだラジーゼ間には、イタリア最大の遊園地、ガルダランドGardaland (www.gardaland.it)をはじめ、サファリ・パークのパルコ・ナトゥーラ・ヴィーヴァParco Natura Viva (www.parconaturaviva.it)、映画村のムービー・ストゥーディオMovie Studios(www.moviestudios.it)、トロピカルな水の楽園、アクア・パラダイスAqua Paradiseや中世のディナーショーが楽しめるメディーヴァル・タイムスMedieval Times、ロック・スター・カフェRock Star Cafe等を擁する、これまた巨大レジャーパークのカネーヴァワールド
Canevaworld(www.canevaworld.it)などが集中しています。各施設のオープン期間は各サイトで要チェック!ラジーゼには中世の城壁がほぼ無傷でのこっており、可愛らしい港の沖合い100mには、1509年に沈没したザッカリア・ロレダンZaccaria Loredan率いるヴェネツィアのガレー船が、今でも水深17mの湖底に眠っているそうです。また、ラジーゼ郊外、コラ・ディ・ラジーゼCola` di Laziseには第二次世界大戦中、ドイツ軍ロンメルの司令部が置かれていた19世紀のヴィッラ、ヴィッラ・デイ・チェードリVilla dei Cedri(www.villadeicedri.com)があり、現在は柑橘類の樹木に囲まれた温泉パークとなっています。夏は高速A4のペスキエーラの出口が大変込み合いますから、お隣のソンマカンパーニャSommacampagnaか、少し遠回りでも高速A22のアッフィAffiから入られることをおすすめします。
 

写真説明
上:搭の上から眺める湖−マルチェージナ城より
左下:神秘に輝くガルダ湖) i
右下:船と古城、思わずスケッチしたくなるような風景のトッリ・デル・ベ ナ
photo2   photo3

☆バルドリーノBardolino
ガルデサーナ沿いに次に見えてくる町が、ワインの一大産地、バルドリーノBardolino。12世紀ロマネ スク建築のサン・セヴェーロSan Severo教会や、9世紀カロリング朝のサン・ゼーノSan Zeno教会など の見どころの他に、ワイン博物館Museo del Vino(www.zeni.it)があります。ブドウ畑が連なる小高い丘の 上から眺める青い湖を肴に飲むワインは格別です。

☆ガルダGarda
バルドリーノから約3キロ先には、オリーブと糸杉の甘美な光景が美しいサン・ヴィジーリオ岬Punta San VigilioのあるガルダGardaが続きます。ここは、951年、夫ロタールLotharを毒殺されたアデレードAdelaide女王が、夫の殺人者の息子との再婚を拒んだ罪で幽閉されていた城塞があった場所です。アデレード女王は、脱出不可能とされていた砦から牧師の力を借りて抜け出し、その後、神聖ローマ帝国を治めたオットーOtto1世と結ばれます。長い歴史のなか、砦は風化してしまい、今では、ガルダの遊覧船の乗り場付近に立ち並ぶカフェやレストランは、にぎやかに戯れる外国人観光客の姿であふれかえっています。

☆トッリ・デル・ベナコTorri del Benaco
トッリ・デル・ベナコには、1383年にアントニオ・デッラ・スカラAntonio della Scalaが建てた城が港にそびえており、現在はスカラ城博物館Museo del Castello Scaligero(11月から3月は休館)となっています。城の中では、地元の名産であるオリーブオイルの生産過程、湖での漁獲などに関しての展示がされています。湖沿いの遊歩道、ルンゴラーゴLungolagoは、他の町より静かで落ち着いた雰囲気がします。

☆マルチェージナMalcesina
1786年9月13日にこの地に立ち寄ったドイツの詩人ゲーテは、そのあまりの美しさに感動し、デジカメもビデオもなかった当時、何とか旅の思い出を残そうと、湖畔に腰掛けてスケッチをしました。ところが、当時、政情不安定だった為、オーストリアのスパイと間違えられ、逮捕されそうになりますが、イタリア語が堪能であったこと、外交能力に優れていたことが幸いして容疑を逃れた、というエピソードが残っています。彼のマルチェージナへの熱い想いは、湖上の城塞の中にあるゲーテの部屋Sala Goetheに展示された作品群から思い知ることができます。チェントロの迷路のような路地のあちこちには可愛らしい店が並び、絵描きやエノテカが集まるトゥラッツァTurazza広場はパリのモンマルトルの縮小版みたいな感じがします。町からロープウェーで、バルド山Monte Baldo(標高2218m、冬はスキーのメッカ)まで登れば、前方には湖、後方にはアディジェ川の谷間のパノラマが一望できます。このあたりは、風向きが良いせいか、ウィンドサーフィン・スクールが多く、州を越えた隣町トルボレTorboleあたりまでは定期船以外のモーター船舶禁止地区に指定されています。その他にも、ダイビング、トレッキング、ロッククライミング、勇気のある人は、バルド山から豪快にハングライダーなど体験されてみてはいかがでしょう?  

写真説明
左下: マルチェージネからトレンティーノ州のトルボレまではウィンド・ サーフィンのパラダイス
右下:そぞろ歩きが楽しい町、マルチェージネ。チェントロにあるアンチックショップ
photo4   photo3

☆グルメ・イベント情報
澄んだ湖からとれる新鮮な鯉、鱒などを材料に、ティンカ(鯉の一種)のリゾットRisotto con la tincaや、カワカマスのソースがけポレンタ添えLuccio in salsa con polentaなど珍しい郷土料理が味わえますが、インターナショナルな土地柄なので、海の幸や肉料理ももちろんメニューに登場。1912年〜1913年にガルダに滞在していた英国作家、D.H.ローレンスは著書“Twilight in Italy”に“夜はいつもミネストラMinestra(スープ)ばかり食べていた”と回想しています。秋であれば、トッリ・デル・べナコに近い山沿いの町、サン・ゼーノ・ディ・モンターニャSan Zeno di Montagnaの名産の栗を使って作る栗のスープMinestrone di marroniが美味です。いずれのお皿にもガルダ湖自慢のオリーブオイルを一振りしましょう。ペスキエーラでは、毎月第1日曜日、バルドリーノでは毎月第3日曜日、トッリ・デル・ベナコでは毎週水曜日の夕方に骨董市が開催されます。また、8月にはガルダ湖遊覧船主催の湖上花火大会Notte di Fiabaが、各地で催されます。


ガルダ湖・データ 
Dati di Garda
■アクセス
列車:ミラノよりインターシティICでペスキエーラ駅下車、約1時間15分。ヴェネツィアからはICで同じくペスキエーラ駅下車、約1時間45分。
自動車:高速Autostrada A4のペスキエーラ、ソンマカンパーニャ、A22のアッフィが出口。 飛行機:ヴェローナ空港Aeroporto di Verona(Valerio Catullo)よりペスキエーラまでタクシーで約20分。

■インフォーメーション
◇ラジーゼ観光インフォーメーション I.A.T. di Lazise
Via F. Fontana, 14, 37017 Lazise
Tel: (国番号39) 045-7580114 Fax: (国番号39) 045-7581040
HP: www.aptgardaveneto.com
e-mail: lazise@aptgardaveneto.com

◇ペスキエーラ・デル・ガルダ観光インフォーメーション
I.A.T. di Peschiera del Garda
Piazzale Betteleoni, 15, 37019 Peschiera del Garda
Tel: (国番号39) 045-7551673 Fax: (国番号39) 045-7550381
e-mail: peschiera@aptgardaveneto.com

◇バルドリーノ観光インフォーメーション I.A.T. di Bardolino
Piazzale Aldo Moro, 37011 Bardolino
Tel: (国番号39) 045-7210078 Fax: (国番号 39) 045-7210872
e-mail:bardolino@aptgardaveneto.com

◇ガルダ観光インフォーメーション I.A.T. di Garda
Lungolago R. Adelaide, 13, 37016 Garda
Tel: (国番号39) 045-6270384 Fax: (国番号39) 045-7256720
e-mail: garda@aptgardaveneto.com

◇トッリ・デル・ベナコ観光インフォーメーション I.A.T. di Torri del Benaco
Viale F.lli Lavanda
37010 Torri del Benaco
Tel/Fax: (国番号39) 045-7225120
e-mail: torri@libero.it
(冬季は休館)

◇マルチェージネ観光インフォーメーション I.A.T. di Malcesine
Via Capitanato, 6-8, 37018 Malcesine
Tel: (国番号39) 045-7400044 Fax: (国番号39) 045-7401633
HP: www.malcesinepiu.it
e-mail: malcesine@aptgardaveneto.com

◇ヴェローナ県交通 APTV-Azienda Provinciale Trasporti Verona s.p.a.
Lungadige Galtarossa, 5, 37133 Verona
Tel:(国番号39) 045-8057922
HP:www.aptv.it
e-mail: aptvr@apt.vr.it
(夏季のガルダ湖バス一日乗り放題チケットやヴェネツィア、ヴェローナ発ガルダ湖行きバスのチケットを販売)

◇ガルダ湖遊覧船 Navigazione Lago di Garda
Piazza Matteotti, 25015 Desenzano del Garda(BS)
Tel:(国番号39) 030-9149511, 800-551801(イタリア国内フリーダイヤル)
Fax:(国番号39) 030-9149520
HP: www.navigazionelaghi.it e-mail: navigarda@navigazionelaghi.it

■ホテル
◇景勝地、サン・ヴィジーリオ岬に位置する、16世紀のヴィッラ。チャールズ皇太子、スペインのカルロス国王も滞在した贅を尽くしたホテル。湖上のレストランも、とめどもなく優雅なロカンダ・サン・ヴィジーリオLocanda San Vigilio☆☆☆☆
Punta San Vigilio, 37016 Garda
Tel:(国番号 39) 045-7256688 Fax:(国番号 39) 045-7256551
HP: www.gardalake.it/sanvigilio, www.locanda-sanvigilio.it
e-mail: sanvigilio@gardalake.it, info@punta-sanvigilio.it
(12月〜2月は休業)

◇高台から湖を一望するロケーション。ゴルフコースは2キロ先。ホテル・レジデンス・マドリガーレHotel Residence Madrigale☆☆☆☆
Localita` Marciaga,37016 Garda
Tel:(国番号39) 045-6279001 Fax:(国番号39) 045-6279125
HP: www.madrigale.it e-mail: madrigale@madrigale.it

◇マルチェージネでも一等地、ヴァル・ディ・ソンニョ(夢の谷間)というロケーション。エステのプログラムも豊富なので、身も心も思う存分、休めましょう。マキシミリアン・ビューティー・ファームMaxmilian Beauty Center☆☆☆☆
Localita` Val di Sogno, 6, 37018 Malcesine
Tel:(国番号39) 045-7400317 Fax:(国番号39) 045-6570117
HP: www.hotelmaximilian.com e-mail: info@hotelmaximilian.com

◇テーマパークめぐりの拠点はここ、ラジーゼのチェントロからも200メートルと便利なホテル・ジュリエッタ・ロメオHotel Giulietta Romeo☆☆☆
Via Dosso, 1, 37017 Lazise
Tel:(国番号39) 045-7580288 Fax:(国番号39)045-7580115
HP: www.hotelgiuliettaromeo.com
e-mail: giuliettaromeo@gardalake.it

■レストラン
◇“幽霊の家”というミステリアスな名前とはうらはらに、エレガントで美味しい料理はグルメの間でも大評判。ラ・カーザ・デッリ・スピリティLa Casa degli Spiriti
Via Monte Baldo, 28, 37010 Costermano
Tel:(国番号39) 045-6200766 Fax:(国番号39) 045-6200760
HP: www.casadeglispiriti.it
e-mail: info@casadeglispiriti.it
月曜、火曜(10月〜3月)定休日
(コステルマーノへは、ガルダ中心街よりモンテバルド通りを上る)

◇夏は湖の上に張り出したテーブル席が心地よい、お手軽なピッツェリア、リストランテ・ピッツェリア・アッラ・グロッタRistorante Pizzeria Alla Grotta
Corso Dante Alighieri, 57, 37010 Torri del Benaco
Tel:(国番号39) 045-7225839
夏は毎日営業、9月末からイースター前までは火曜日定休

◇中世の宮廷をセッティングして繰り広げられるショーを観劇しながら、ピッツァ、ロースト・チキン、デザートなど食べ放題・飲み放題。メディーヴァル・タイムスMedieval Times
Caneva World
Via Fossalta, 1, 37010 Lazise
Tel:(国番号 39) 045-6969777(予約インフォメーション14:00-19:00)
HP: www.canevaworld.it
e-mail: info@canevaworld.it
(ディナーショー:大人20ユーロ、身長140cmまでの子供13ユーロ、100cm以下の子供は無料)

■ショップ等
◇湖のドライブついでにのぞいてみたい、プラダ、D&G、ヴェルサーチなどをそろえたアウトレット。RJアウトレット RJ Outlet
Via Colli Storici, 181
Desenzano del Garda(BS)
Tel:(国番号39)030-9108084
HP: www.rjoutlet.com
月〜金:10:00−13:00/15:30−20:00、土日:10:00〜20:00(冬季はいずれも19:30まで)
高速A4、シルミオーネSirmione(ペスキエーラよりブレーシャBrescia側へ)出口から800メートル進んだ右

◇グリーンの向うはブルー、湖の高台にそびえるゴルフ・クラブ・カ・デッリ・ウリーヴィGolf Club Ca’ degli Ulivi
Via Ghiandare, 2, 37010 Marciaga di Costermano
Tel:(国番号39) 045-6279030 Fax:(国番号39) 045-6279039 年中オープン、レストラン・バール、プール、テニスコート、サウナ完備

◇ウィンドサーフ、ヨット、マウンテンバイク等、スポーツ大好きな人はここへ集合!スティックル Stickl
c/o Hotel Ristorante La Vela
Via Gardesana, 32, Val di Sogno
37018 Malcesine Tel/Fax:(国番号39) 045-7401697
HP: www.stickl.com
e-mail: info@stickl.com

◇記念の飛行写真ももらえる、ハングライダーのスペシャリスト。ティームエクストリーム・パラグライディングTeamxxxxtreme Paragliding
Tel:(国番号39) 338-3922412 (Mr. Colman) e-mail: colman_arias@yahoo.it

  map
著者プロフィール

三浦和美(みうらかずみ) 
山口県出身。法政大学卒業後、外資系銀行を経て2年半ロンドンに滞在。JTBローマ支店、全日空ローマ支店に勤務後、14年住み着いたローマを離れ、現在ヴェネト州ヴィチェンツァ在住。セリエA入団を夢見る長男は14歳。



http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.