JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
ジェノヴァ市 − Genova
20 Agosto 2002


ジェノヴァ市長
ジュゼッペ・ペリク氏
Sig.Giuseppe Pericu, Sindaco di Genova
市長の顔


photo1   photo2   photo3   photo4
※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:ジェノヴァ市観光局写真資料館




ジェノヴァ市長 ジュゼッペ・ペリク氏
へのインタビュー

JITRA:ペリク市長、ジェノヴァの町と周辺の簡単な紹介をお願いします。

ジェノヴァのことを手短に説明するのは難しいですね。非常に特徴的な町ですから、いろいろな面から全体を評価していただく必要があります。 まず、地理的に町は海に沿って30kmに伸びており、背後は山に囲まれています。港の面積を除外しても、市街だけで150ヘクタールに広がっています。歴史的には、ジェノヴァは3度の重要な時代を過ごしました。まず、1000年から1250年の間。十字軍に参加し、東方に植民地と貿易地を見出したおかげで、海洋王国として栄えました。そして、1400年から1700年の“黄金期”。この時期ジョノヴァは巨大な富に恵まれ、今でも残る多くの素晴らしい建造物がそのことを証明しています。そして19世紀。製鉄、機械、製糖、造船などの工業の発達により、港町として再度繁栄を見、町の経済を活性化しました。
二度の世界大戦後、そして国の工業経済不振の苦しい時期を越え、現在、町は新たな均衡を見出しているところです。90年代後半に画期的な都市整備が行われ、街の外観は変化し、それが社会・経済面にもいい反響を及ぼしました。その反面、旧市街の“カルッジ caruggi”と呼ばれる有名な細い路地などに中世の趣が残っていますし、昔からの異国的な食文化も大きな魅力です。ルネサンスやバロック様式の建物や教会は、貴重な芸術品を備えています。中心街で最も美しい通りのひとつ、9月20日通り Via XX Settembre には、19世紀の重要な建物が並んでいます。観光の見どころとして、パラッツォ・ドゥカーレ Palazzo Ducale で開かれる文化イヴェント、数々の博物館、水族館をはじめとする、ポルト・アンティーコ Porto antico(古い港)にある様々な施設(建築家レンツォ・ピアノが設計した建物 Bolla、海と航海のパヴィリオン Padiglione del Mare e della Navigazione、南極博物館 Museo dell'Antartide)。そして、現代のジェノヴァは、住宅街やショッピング通りなど街の随所に見られます。
また、周辺は西にサン・レモなどのあるリヴィエラ・ポネンテ Riviera Ponente、東にポルトフィーノやサンタ・マルゲリータのあるリヴィエラ・レヴァンテ Riviera Levante が広がり、海岸沿いには古くからある美しい漁師の町が多く存在しています。年間を通じて気候は良好で、冬でも厳しい寒さにはみまわれることはなく、かといって夏も暑すぎず、海だけではない魅力のあるところです。

JITRA:観光面でのジェノヴァの最大の特徴はなんでしょうか。

上記に述べたこと全てですね。さらに、ジェノヴァではホテルなどの宿泊設備が非常によく整っていますから、どんなに"うるさい"お客様にも満足していただけます。

JITRA:見逃してはならないスポット、それから年中行事などを教えてください。

まずデ・フェッラーリ広場 Piazza De Ferrari。ここには、前述のパラッツォ・ドゥカーレやオペラ座、さらにルーベンスの絵画のあるジェズ教会 Chiasa del Gesùが面しています。ここからポルト・アンティーコへ続くサン・ロレンツォ通り Via San Lorenzo も見どころです。さらに、クリストーフォロ・コロンボ Cristoforo Colombo (コロンブス)の家、ガリバルディ通り Via Garibaldi のパラッツォ・ロッソ Palazzo Rosso とパラッツォ・ビアンコ Palazzo Biancoも欠かせません。ジェノヴァの偉大な音楽家ニコロ・パガニーニ Niccolò Paganini が所有していた数々のバイオリンが展示されています。また、日本芸術を集めたエドアルド・キオッソーネ・東方美術館 Museo d'arte orientale Edoardo Chiossone (ディ・ネグロ別荘 villa Di Negro内)もおすすめです。 町の大きな行事としては、コロンボ(コロンブス)に因んだ航海フェアー Salone Nautico、日本の若き音楽家も大勢参加するニコロ・パガニーニ国際バイオリンコンテストなど。5年に一度、欧州花見本市 エウロフローラ Euroflora がジェノヴァで開かれます。また、年間を通じて伝統文化やアンティーク関係の催しはたくさんあります。

JITRA:ジェノヴァでの食べ物についてアドバイスをいただけますか。

ジェノヴァ産パスタといえば"トレネッテ Trenette"で、これもジェノヴァの名物"ペスト・ジェノヴェーゼ pesto genovese"(バシリコ、オリーヴオイル、にんにく、松の実、パルミジャーノまたはサルデニアのペコリーノチーズ)のソースにあえて食べます。魚介類の料理が主で、フォカッチャ focaccia というパン、様々な野菜のパイが有名です。伝統料理は町のどこででも召し上がれます。

JITRA:日本からの観光客に向けて、ひとこと。

ジェノヴァと日本の関係は古く、19世紀後半にジェノヴァの版画家エドアルド・キオッソーネは、日本政府に命じられて、紙幣や切手などの刻版技術を日本に伝えるべく、17年もの間日本に滞在しました。彼の功績は、近代日本印刷技術の父としてたたえられているほどです。さらに、優れた洞察力の持ち主であった彼は、日本滞在中に日本の第一級の芸術作品を収集しました。浮世絵、絵画、彫刻、漆製品など多くのものです。こうした彼の個人的な活動が、二つの国の文化交流や産業発展へもつながっていったといえます。 ジェノヴァは、港町であるという地理的そして歴史的条件から、常に外国と友好関係を結んできました。そのおかげで、ジェノヴァは2004年の文化のヨーロッパの首都 Capitale Europea della Cultura に選ばれました。これを機に、日本のお客様にもわが町の文化、芸術、建築の財産を知っていただきたいと思います。2004年に開催を予定している様々なイヴェントは、絶対に欠かすことの出来ない、素晴らしい価値のものばかりです。是非、お見逃しのないように。皆様のお越しを心からお待ちしています。


ジェノヴァ データ
Dati di Genova
 


(リグーリア州 Luguria)
■■アクセス ミラノ Milano、トリノ Torino どちらからも列車で約2時間半。ローマからも毎日頻繁に特急、急行が出ている。空の便はジェノヴァ空港を利用。
■観光インフォメーション 
ジェノヴァ観光局 Azienda Promozione Turistica
Via Roma 11/3, Genova
電話:(国番号39) 010-576791 Fax: 010-581408

HP:www.apt.genova.it

Trento



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.