JAPANITALY Travel On-line




HOME PAGE

わが町観光自慢
ワイン料理紀行
南イタリア小都市探訪
知られざる博物館

フレッシュレポート
ホテル!
グルメ!
ショッピング!
トピックス!
イベント!

イタリア自然紀行
温 泉
アグリツーリズム
スキー

読み物・エッセイ
イタリア映画の旅
クレモナの工房から
元OL料理修行記
ローマ子育て日記
スポーツ万歳
旅会話レッスン

読者参加スペース
アンケート
メールマガジン申込
私のお気に入り
とっておきの旅

イベントinジャパン
日本で楽しむイタリア
日本における
  イタリア2001


イタリアカレンダー
ア−ト・デザイン
オペラ・バレエ・
クラシック

伝統行事
スポ−ツ

旅行便利帳
旅行前の心得
為替・物価情報リンク集
交通情報リンク集 
イタリアマップリンク集
イタリア情報リンク集
 
JITRAについて
掲載記事一覧

スペシャルガイド
宿泊先
レストラン
ショップ
サービス・その他
州別観光情報
 
バックナンバー
我が町観光自慢
ワイン料理紀行
小都市探訪
知られざる博物館
フレッシュレポート
イタリア自然紀行
読み物・エッセイ


 
市長が語る我が町観光自慢 バックナンバー
 
スカンノ市 − Scanno
22 Maggio 2002


スカンノ市長
Sig.Eustachio Gentile, Sindaco di Scanno
市長の顔


photo1   photo2   photo3   photo4
※写真をクリックすると大きな画像で見られます
写真提供:スカンノ市観光局写真資料館




スカンノ市長エウスターキオ・ジェンティーレ氏へのインタビュー

JITRA: ジェンティーレ市長、スカンノとその周辺の簡単な説明をお願いします。

スカンノはローマから1時間あまり、アブルッツオ中心部の山の中にあります。アブルッツォ国立公園 Parco Nazionale dell'Abruzzo にある主要な町のひとつであり、“イタリアで最も美しい町”クラブの一員でもあります。湖の周辺の形成は古代第3紀中新世にまで遡り、湖にまつわる数多くの伝説も生まれました。周辺の山は険しく何世紀にも渡って湖への通行を不可能にしてきました。そのお陰で、スカンノは昔ながらの伝統を変わらぬ状態で受け継ぐことができたのです。 いろいろな風習をはじめ、現在も女性が身につける独特の衣装は1800年代から北ヨーロッパの有名な旅行者エドワード・リアーや、歴史家兼ジャーナリストのフリードリック・ノーク、ケッペル・クラッフェン、オーガスタス・ハールなどを魅了してきました。スカンノの建築の素晴らしさや自然の美しさはもちろん、女性がまとっていたどこか東洋風な衣装にも皆心を打たれたのです。 スカンノはおそらくアブルッツォで一番知名度の高い町ではないでしょうか。その景観は1900年代のカルティエ・ブレッソンやマリオ・ジャコメッリのような写真家の写真に収められ、不朽の名声を得ましたし、ヨーコ・ヤマモトのような国際的に有名な写真家もスカンノを訪れていることからも窺

JITRA: 観光と文化面でのスカンノの特徴はなんでしょうか?

スカンノは観光地となって久しく、1900年代の初めにはすでにホテルができ、イタリア内外からの観光客を受け入れてきました。現在ではホテルは10軒ほど、レストラン、アグリツーリズム3軒、スキーリフトもあります。湖やプールで泳いだり、スキーやクロスカントリー、テニス、ミニサッカー、バレーボール、バスケット、ボッチャ、ローラースケートなどを楽しんだりと、スカンノでバカンスを過ごす方法はいくらでもありますし、体育館での競技もできます。また、カヌー、ウインドサーフ、乗馬、国立公園のガイドつきハイキング、釣り、または様々な博物館(ウール、湖、聖像)の見学もいいでしょう。またスカンノ賞、写真家賞などの文化イベントにも事欠きません。

JITRA: 町で毎年催される行事は?

伝統的なお祭りも忘れてはならない見所のひとつです。1月17日は聖アントニオ・アバテのお祭り Festa di S.Antonio Abate で“サーニェ・コン・ラ・リコッタ・サラータ Sagne con Ricotta salata”が配られます。マドンナ・デッレ・グラツィエの頭巾をかぶった信者に始まり、最後に亡くなったキリストが“賛美歌ミゼレーレ”の沈痛な音楽に乗せて町中を歩く、イエス・キリストの受難の行列も見ごたえがあるでしょう。

また、6月中ごろの聖アントニオ・ダ・パードヴァ S.Antonio da Padova のお祭りはラバの背に乗せた薪を聖人に捧げる行進で知られています。8月14日に伝統的な衣装をまとい、昔ながらの婚姻の行列を再現する“ユ・カテナッチェ Ju Catenacce”、8月16日のスカンノ湖の花火大会には毎年何千人もの観光客が訪れます。

さらに11月10日には珍しい“レ・グローリエ Le Glorie”が聖マルティーノ S.Martino のために3つのコントラーダ(地区)で灯されます。レ・グローリエ・ディ・サン・マルティーノとは1.5mt四方の台に高さ15メートルに積み上げられた薪で、18:30に火がつけられます。パリオの熱気は一晩中町に溢れ、観光客も一体となって盛り上がることでしょう。

JITRA: 町の見所を教えてください。

教会、モニュメント、歴史的中心地区、湖に山。各地から集まる観光客も研究家もその魅力に取り付かれます。特徴あるスカンノの町の一角を絵にして、陶器の柄にするためにスカンノを訪れる日本の学校もあります。スカンノの写真は東京の空港、パリとニューヨークのモダンアート美術館にもあるほどです。

JITRA: スカンノでの、食べ物やお土産についてアドバイスをいただけますか。

スカンノの料理は素朴ですが質の高さは保証つきです。野菜の栽培や家畜の飼育の管理が行き届いていますので、安心してこの地方にしかない珍しい料理を堪能していただけるでしょう。また、スカンノのお菓子、ソーセージは最高です。手工芸品では金、銀の細工とレース編みが代表的です。

JITRA: 日本からの観光客に向けて、一言どうぞ。

親愛なる日本の皆さん、芸術の宝石箱のような文化と歴史の町、自然の美しいスカンノへ是非一度お越しください。町の人々の素朴なもてなしを受けたり、伝統的な女性の衣装を見たりすることができ、他ではできない貴重な体験となるでしょう。スカンノはローマからも近く、毎日バスも出ているのでアクセスも簡単です。 日本の皆さんのお越しを心からお待ちしています。皆さんの期待はきっと裏切りませんよ


スカンノ(Scanno)市    


アクセス
車:ローマRomaおよびペスカーラPescaraから - 高速道路A25(ローマ-ペスカーラ)をコクッロCoculloで降りて、SS479を約20km(アンヴェルサ・デッリ・アブルッツィAnversa degli Abruzziを経由してゴーレ・デル・サジッターリオGole del Sagittarioへ)
列車:ローマ(ティブルティーナTiburtina駅)またはペスカーラからアンヴェルサ・デッリ・アブルッツィ−ヴィッララーゴVillalago−スカンノ駅で下車。駅からはバスA.R.P.A.を利用。
バス:ローマからスルモーナSulmona行き、アウトリーネエ・スキアッパ社 Autolinee Schiappa s.r.l. の長距離バスを利用(問い合わせ電話番号 0864‐74362)
インフォメーション: 
アブルッツォ州観光情報局 A.P.T.R. Abruzzo ‐ Ufficio Informazione Accoglienza Turistica
P.za Santa Maria delle Valle, Scanno 電話:(国番号39) 0864-74317/747121
e-mail:comunescanno@tiscalinet.it
HPwww.stelnet.citta/scanno

Trento



市長が語る我が町観光自慢  バックナンバー
このページのトップへHOME PAGEへ


http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.