JAPANITALY Travel On-line

『ローマのスケッチ散歩』 - 鈴木奈月の絵画紀行
 

 15 Aprile  2014

第1回 カヴール駅周辺
絵と文  鈴木奈月



今回から、しばらくガラッと趣向を変えまして、ローマ市内の見所などをスケッチと共にご紹介したいとします。

初回は、お気に入りの散策スポット、テルミニ駅から地下鉄B線でひとつ目の、カヴールCavour駅周辺。
地下鉄の出入り口は、カヴール大通りを左右に挟むようにしてあり、お気に入りの散歩道はウルバーナ通り側。出たら右方面へと進み、そこから伸びるレオニーナ通りを行く。細い通りだが、かわいらしい小さなチョコレート屋さんがあったり、古着やさんがあったり、すでに散策の始まりだ。

しばらく行くとセルペンティ通りにでて、そこを左に曲がるのだが、右を振りかえると、まっすぐ伸びた道の向こうにコロッセオが眺められる。けっこう意表をつかれる風景だ。セルペンティ通りのショップを覗きながら、さらにまっすぐ行くとイタリア銀行があり、それを過ぎるとナツオナーレ大通り。

そして今度は、セルペンティ通りと平行するボスケット通りを歩いて駅へと戻る。この小道が私の大のお気に入り。
お値段高めだけど、すごくアーティスティックなアクセサリーを売る店、一昔前の懐かしい柄の生地を使ってオリジナルの服やバッグを作るブティック、質のよいウールやコットンで仕上げる一風変わったショールの専門店、色とりどりのキッシュな柄の食器やさん、見ているだけでもおもしろくて(いや、本当は買いたいのだけど、そこはじっとガマンして!)、あっという間に時間は過ぎる。行く度に小さなお店が増えているのも楽しい。

途中には、蔦がみごとに壁を覆っている十字路があって(まるで巨大な蔦ののれん!)、ここは思わず写真を撮りなくなるスポット。というわけで、スケッチ!

軽いランチがとれるレストランも多々あり、最近はお昼も休まずに営業しているショップが増えたので、ランチ後の散策もすぐに続けられるのがうれしい。
そしてそのまま、コロッセオまで足を伸ばすのも悪くない。


著者プロフィール
鈴木奈月 (Suzuki Natsuki) イラストレーター、エッセイスト
89年渡伊。フィレンツェ、ミラノ、カタンザーロに暮らし、現在はローマ郊外オスティア在住。イラスト&暮らしのエッセーを、本やウエブサイトに掲載する。昨年からは、ナイーヴ系イラストレーションをローマ市内のギャラリーなどで発表し、活動の場を広げている。
Natsuki Suzuki web site: www.natsuki.deseptis.com
blog: http://peperoni.exblog.jp

主な書籍
「南イタリアお料理歳時記 マンマの味12か月」(NHK出版)
「イタリア・小さな街物語」(JTB出版)
「イタリア・パスタおいしい物語」(東京書籍)他多数

近年の主な活動
2011年4月 日本橋三越イタリアフェアー 出展
2011年4月 日伊文化交流サロン「アッティコ」パスクワのお料理教室
2011年8月 『PREMIO MASSIMO DI SOMMA』マッシモ ディ ソンマ賞 入選
2011年9月 GALLERIA DEGAS mostra collettiva
2011年10月 GALLERIA SAMAN mostra collettiva 『 IL COLORE DELL’ACQUA』


『ローマのスケッチ散歩』 - 鈴木奈月の絵画紀行
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPAN PLUS ITALY - MILANO 2013 All rights reserved.