JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
私の大好きなフィレンツェ
15 ottobre 2012

第11回  「食欲の秋にて・・・・・」

文・写真 石川みゆき


日本もフィレンツェもこの夏は暑かったのですが、ようやく秋も本番!秋といえば食欲の秋。そこで今回はフィレンツェで、私がお勧めする・・というか、私が通う食欲の秋を満たしてくれる美味しいお店をご紹介します。これからフィレンツェは良いシーズン。確かに観光スポットは混みますが、フィレンツェは見るべきところがいっぱいあるから仕方がない。観光をして、そして美味しいものを食べる!これこそ旅の楽しさですね。

写真トップ:@「カンティネッタ・デイ・ヴェラッツァーノ」店内
写真下左:Aトリッパのパニーニ   写真下右B内臓系モツのパニーニ店

●サンタンブロージョ市場一角にある内臓系モツのパニーニ店
まずは、ここ最近フィレンツェで一番美味しいと思っているトスカーナ人のソウル・フード、内臓系モツのパニーニのお店を紹介します。ここはお店というよりスタンド。場所はサンタンブロージョ市場の一角。いつも一杯の人でにぎわっているし、そのあたりでみんな食べているからすぐにわかります。お店の名前は「トリッペリア・ダ・バッボ・エ・フィーリオTripperia da Babbo e Figlio」。最近までスタンドとしか記憶がなかったので、今回包み紙をみてはじめてお店の名前を知りました。お勧めはもちろんトリッパかランプレドットのパニーニ。

多分このどちらかしかみんな頼みません。ランプレドット(茹でモツ)にはサルサ・ヴェルデ(ハーブソース)と唐辛子ソースをお忘れなくオーダーしてください。私はここではいつもトリッパ(牛の胃袋のトマト煮込み)。柔らかくてジューシーなトリッパがたっぷりとパンに挟まっています。食べるときに気を付けないと、トマトソースが横からはみ出してしまいますよ。洋服を汚さないように注意です。とはいえガブッとかみつくのが一番美味しいのですけどね。お昼や、3時ごろお腹がすいたときなど、手早く済ませたいときにも便利です。営業は昼間だけですので、そのあたりもご注意ください。

写真下左:Cエノテカ「アッラ・ソスタ・デイ・パーピ」   写真下右D同エノテカ内部 


●ワイン量り売りもOKなエノテカ「アッラ・ソスタ・デイ・パーピ」
次のお店はまだ出来て1年余りのエノテカ。知り合いのマンマの息子さんが開いたワインと食材のお店「アッラ・ソスタ・デイ・パーピAlla Sosta dei Papi」。マンマの経営する毛皮屋さんのすぐ横にオープンしたので、息子がかわいくて仕方がないマンマが頻繁に手伝っています。ここの良いところは、ボトルを持っていけばワインをそのボトルに入れてくれること。また気に入ったワインをその場でボトルに入れてくれるので、宿での部屋飲みができるのです。こだわったワインの割に料金もリーズナブル。ついでにハムやチーズも売っているので、好きなだけ買って食べられます。一人旅で、一人でなかなかお店に行けない場合でもこれならゆっくりとお部屋で楽しめます。もちろんお店にはカウンターがあるので、グラスワインやおつまみ、ワインの試飲などもできます。パニーニなどはテイクアウトにもしてくれます。

私はちょっとでも時間があくと行ってしまう、そして話もはずんでつい長居をしてしまう、そんなお店です。食材のセレクトもすごくセンスが良いので、グルメな友人へのお土産探しにもぴったりです。

写真下左:E「カンティネッタ・デイ・ヴェラッツァーノ」のワインと盛り合わせ  写真下右:F同店の入り口

●ハム・チーズの盛り合わせも絶品な「カンティネッタ・デイ・ヴェラッツァーノ」
次はトスカーナの有名なワイナリー、ヴェラッツァーノ家が経営するお店「カンティネッタ・デイ・ヴェラッツァーノCantinetta dei verrazzano」。ここは結構有名ですが、ワインはもちろん、つまみのハムやチーズの盛り合わせが絶品です。たくさんの種類の盛り合わせがあって、何にしようかいつも迷ってしまいます。ただ間違いなくどれも美味しい。ワインも気軽にグラスで飲めますし、カフェも隣に併設しているので、軽くランチもできます。ここのパンの美味しさは評判で、フォカッチャとカフェが私のお気軽ランチの定番です。夜は9時までしかやっていませんので、食事前の軽く一杯、なんてことでも良いですね。

写真下左:G「トラットリア・ダ・ティート」  写真下右:H「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーノ」用の肉

●「ビステッカ」なら地元っ子で賑わう「トラットリア・ダ・ティート」
さて、トスカーナと言えばお肉!ビステッカ・アッラ・フィオレンティーノ(Tボーンステーキ)が有名です。私もよくフィレンツェに行くという方から美味しいビステッカが食べたいとよく聞かれます。実は美味しいビステッカを出すお店って以外と少ないのです。私が地元の人たちと行くのはここ、「トラットリア・ダ・ティートTrattoria da Tito」。ドゥーモから徒歩7〜8分ぐらいの細い道沿いにある小さなお店。店内はいつも地元っ子でにぎわっています。店主のTitoさんの大きくてでっぷりとした体格は確かに美味しいステーキを出してくれそうな雰囲気いっぱいです。お肉を食べるときはパスタや前菜は控えめに・・・。 

私は今日はビステッカという日は、他のモノは頼みません。肉のみ。それで他の人が注文したポテトや野菜の付け合せをもらったりします。じゃないとお肉を食べる前にお腹がいっぱいになってしまう・・・。だってこのお肉ただ炭火で焼いただけなのに、おまけにほぼレアな状況ですが、かみしめると肉汁と香ばしい匂いが口の中でいっぱい広がり、お肉の美味しさに気づいて幸せな気分になってしまうのです。これはここフィレンツェに来ないと体験できません。ぜひ美味しいお肉に出会ってください。お店はオーナーがセレクトしたレアなワインも自慢なので、Titoさんにぜひご相談ください。きっと話が止まらなくなくなります。お腹がパンパンになったところで、ベッドに倒れこむのも私の定番?


私の大好きなフィレンツェ  著者プロフィール
石川みゆき (Ishikawa Miyuki)

料理コーディネーター・イタリア料理研究家・トスカーナコーディネーター、1997年にイタリア料理を学びにフォレンツェへ留学。イタリアの家庭料理、トスカーナ料理に魅せられ、フィレンツェの料理学校ル・コルドンブルー、トラットリアなどで勉強。以降、年2回は現地へ出向き料理の知識を深めている。また最近はトスカーナの宿、フィレンツェの街にもかなり詳しくなり、本も出版。現在はイタリア家庭料理を中心とした料理教室「トスカーナのテーブル」主宰。レシピのコンサルティング、料理関係書の執筆、講演、雑誌など幅広く活躍中。石川みゆきのトスカーナ&フィレンツェ食べ歩きツアーも開始されるhttp://ttravel.jp/orgtour/1007/111150/
著書は「世界でいちばん贅沢なトスカーナの休日」「たった15分でイタリア家庭料理」(青春出版社)「フィレンツェ通い詰めて見つけた食べ歩き&買い物案内」(扶桑社)など。http://www.geocities.jp/acquatoscana ブログ http://ameblo.jp/acquamiyu/


データ
Dati
■トリッペリア・ダ・バッボ・エ・フィーリオ
Tripperia da Babbo e Figlio

(店舗ではなくスタンド)
住所: Via de’ Macci (サンタンブロージョ市場の一角) Tel:なし
休日:日曜(不定休あり)

■エノテカ・アッラ・ソスタ・デイ・パーピ
Enoteca Alla Sosta dei Papi

住所:ViaBorgo la Croce 81r   Tel:055−2342274
http://www.sostadeipapi.it
休日:日曜

■カンティネッタ・デイ・ヴェラッツァーノ
Cantinetta dei Verrazzano

住所:Via dei tavolini 18/20r   Tel:055-268590
休日:日曜

■アンティカ・トラットリア・ダ・ティート
Antica Trattoria da Tito

住所:Via S.Gallo 112r    Tel:055-472475
http://www.trattoriadatito.it
休日:日曜

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.