JAPANITALY Travel On-line

 
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
私の大好きなフィレンツェ
15 Luglio 2011

第6回 「ジェラートをこよなく愛する人たちへ」

文・写真 石川みゆき

日本も暑いけれど、イタリアも暑い!!!フィレンツェは盆地だからイタリア人はフィレンツェを蒸し暑いと言います。でもこの高温多湿のアジアに住んでいる私にとってはフィレンツェの湿気なんて全く問題なしです。真っ青な空と見事に晴れた天気は凄く気持ちがいいけれど、太陽のパワーと、紫外線の強さは半端じゃありません。とろけそうです。これからの季節にイタリアに行かれる方は十分に紫外線対策を!日焼けの好きなイタリア人。日焼けのための化粧品はいっぱいあるけど、意外と日焼け止めは少ないです。最近ようやく日焼け止めも売られていますが、数年前まではほとんどなかった。どれだけ日焼けが好きなの??と叫んだこともありましたっけ。それとあまり炎天下を長時間歩かないようにご注意くださいね。

写真トップ@「ペルケ・ノ」のジェラートコーナー
写真下左A「ヴェストリ」のジェラート  右B「ジェラテリア・サンタ・トリニタ」のジェラート

とは言えせっかくのイタリア。暑くても外出したくなりますよね!そして食べたくなるのがジェラート。フィレンツェにも数々ジェラテリアがありますが、美味しいお店は以外と少ないのです。地元の友人曰く、香料パウダーや粉末食品を使っているところが多いのよぉ〜、との事。でもこういう情報は地元の人じゃないとわからない。旅行者は、イタリアのジェラートと言えば美味しいものだと刷り込まれているせいか、なんとなく美味しく食べてしまう。でもせっかくだから美味しいジェラートを食べたい。そこで今回は、地元の人も通う美味しいジェラートのお店をご紹介します。もちろん私も通ってます。

●健康志向のGROMグロム
まずはさっぱり甘さ控えめの健康志向ジェラート「GROM」グロム。ここは安全な最高級の素材をイタリア全土から厳選しているお店。使う水にもこだわっているのだとか。また日本人にはうれしい甘さ控えめ。私が思うにさっぱり味。またアレルギーのある人にも対応しているので、安心して食べられます。個人的にはここのシチリア産レモンが大好き!

写真左C「ペルケ・ノ」店内  写真右D「ペルケ・ノ」のジェラート


●創業1939年の老舗の「ペルケ・ノ」
次に甘さもばっちり、老舗のお店「Perche No!」ペルケ・ノ。創業1939年のこのお店は、お店の裏が工房になっていて、いつも出来たてのジェラートが並びます。これが美味しさの秘訣!場所も共和国広場のすぐ近くだから行きやすいです。

写真下左:E「ヴェストリ」店舗 写真下右:F「ヴェストリ」の店員

●チョコレートのジェラートなら「ヴェストリ」
チョコレートのジェラートが食べたかったら「VESTRI」ヴェストリ。ここのチョコレートのジェラートは絶品。だってチョコレートショップだもの。そしてここはフルーツジェラートも美味しいのです。季節に合わせたフルーツ味は、秋にはカキ味なんていうのも登場します。サンタンブロージョ市場の近くにあるお店です。

写真下左:G「ジェラテリア・サンタ・トリニタ」店舗 F「ジェラテリア・サンタ・トリニタ」のアイスケーキ

●アイスケーキも美味しい「ジェラテリア・サンタ・トリニタ」
最後はアルノ川沿いのお店「GELATERIA SANTA TRINITA」ジェラテリア・サンタ・トリニタ。お店の名前通りサンタトリニタ橋のすぐそばにあるロケーションのとってもいいお店です。アルノ川を眺めながらジェラートを食べるのも良し。ここはジェラート以外にもプチサイズのアイスケーキのようなものも売っています。種類も豊富で、何にしようかいつも迷ってしまいます。

●味とサイズは意思表示をはっきりと
まぁどこのお店でも私がはずせないのが、ピスタチオ味。なんでこんなに美味しいんだろう?と思うほどイタリアにピスタチオ味は濃厚で美味しい。これはあくまで私の個人的な意見ですけど。
イタリアのジェラートはカップかコーンをまず選ぶ。暑い時期はコーンで買うと、あっという間に溶けて手や洋服にべっとりとつくので要注意。私はいつもカップだけど、大体小・中・大サイズがあり、小で2つの味を入れてもらえて大体1.5ユーロから1.8ユーロ。これが目安。小でも十分ボリュームがありますから、はしごするときは小で十分。この値段よりも極端に高かったりしたら要注意です。

それと、観光客をターゲットに、やたら頼んでもいないのにいっぱいジェラートを入れて来て、高額な値段を請求するお店もあるようなので、ご注意ください。どの味が欲しいか、サイズはどれか、これだけははっきりと言ってください。指さしだって構わないのです。またいっぱい入れようとして、そんなに食べられなかったら、しっかりといらないと意思表示を! 

写真下:「ペルケ・ノ」店舗


さぁ、フィレンツェで美味しいジェラートが食べられますね。イタリアのジェラート屋さんは夜遅くまで営業しているところが多いので、食後や夜遅くに食べたくなっても大丈夫!私は良くピッツァを食べた後になぜかジェラート屋さんに行ってしまう。

私の大好きなフィレンツェ  著者プロフィール
石川みゆき (Ishikawa Miyuki)

料理コーディネーター・イタリア料理研究家・トスカーナコーディネーター、1997年にイタリア料理を学びにフォレンツェへ留学。イタリアの家庭料理、トスカーナ料理に魅せられ、フィレンツェの料理学校ル・コルドンブルー、トラットリアなどで勉強。以降、年2回は現地へ出向き料理の知識を深めている。また最近はトスカーナの宿、フィレンツェの街にもかなり詳しくなり、本も出版。現在はイタリア家庭料理を中心とした料理教室「トスカーナのテーブル」主宰。レシピのコンサルティング、料理関係書の執筆、講演、雑誌など幅広く活躍中。石川みゆきのトスカーナ&フィレンツェ食べ歩きツアーも開始されるhttp://ttravel.jp/orgtour/1007/111150/
著書は「世界でいちばん贅沢なトスカーナの休日」「たった15分でイタリア家庭料理」(青春出版社)「フィレンツェ通い詰めて見つけた食べ歩き&買い物案内」(扶桑社)など。http://www.geocities.jp/acquatoscana ブログ http://ameblo.jp/acquamiyu/


データ
Dati
■グロム
GROM

Via del campanile,2  Tel:055-216158
10:30-24:00
不定休

■ペルケ・ノ 
Perche No!

Via dei tavolini,19/r  Tel:055-2398969
11:00-24:00
10月-4月の火曜日 定休

■ヴェストリ 
VESTRI

Borgo degli albizi,11/r Tel:055-2340374
10:30-20:00
日曜定休

■ジェラテリア・サンタ・トリニタ
GELATERIA SANTA TRINITA

Piazza Frescobaldi.11-12/r   Tel:055-2381130
11:30-24:00
月曜定休

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.