JAPANITALY Travel On-line

イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
あっちこっち中部イタリア - 鈴木奈月の絵画紀行
 

15 Giugno 2012

  第3 回 サン・マリノ
絵と文  鈴木奈月


今回は、イタリア中部に位置する小さな独立国、サン・マリノ共和国のご紹介です。あれ?このエッセーはイタリア紀行文だから、サン・マリノはまずかったかな? でも、いいか。イタリアみたいなものだし。

さて、この国に始めて訪れたのは、実はまだユーロではなくリラだった頃。ひとつの国の中に小さな独立国があるっていうのが、なんだかとっても不思議な気がして(まあ、ローマには世界最小のヴァチカン市国もありますが)、イタリアに住み始めて、早々に観光に行きました。

改めて調べてみると、この国には、ずいぶん長―い歴史があるんですね。しかも驚くなかれ、世界最古の共和国だそうです。西暦301年に、初代大統領が選出されたっていうんだから、アメリカ大統領の歴史なんて、目じゃありません。
それから、この小さな国は、暗澹とした中世をやり過ごし、ルネサンス期以降は、いくつにも別れた都市国家が権力を奪い合い、飽くなき戦いを繰り返し、やがて統一されていったというのに、その戦渦を生き延びて現在でも独立国っていうのだから、すごいなあ。

しかし、実際訪れてみると、そんなことはどうでもいいことのように、穏やな観光国であります。2008年には、世界遺産にも指定されているように、歴史的建造物がきちんと残り、のんびりお散歩が楽しめます。とはいってもずっと坂!
その坂を登りきって、てっぺんにあるチェスタの砦から景色をながめると、この地形だからこそ生き延びられたのだなあ、と感じる絶景が眺められます。なにせ、ここは標高700メートル、街が密集する面の反対側は絶壁なんですから、攻め落とすのはたいへん!
ちなみに、国旗のデザインからもわかるように、この国には3つの丘というか、とんがりがあって、それぞれのてっぺんに城砦があり、絶景が望めるのは、いちばん高いチェスタの砦。でも、この砦がいちばん美しいので、これを眺める為には、グアイダの砦に登るのがおすすめです。

さて、この国の名物といえば切手。私も買いましたっけ。
私の小さな思い出箱の中に、今でもちゃんとしまってあります。最近は手紙を出すという行為自体がなくなりつつあるので、今でも名物なのかしら?なんて思いますが、切手というのは、なんだか情緒があっていいですね。

穏やかなサン・マリノ観光ですが、ひとつだけ悲しく思い出してしまうのは、1994年のサン・マリノGP、つまり F-1レースのアイルトン・セナの事故死。あれだけは、いけませんねえ。知人の影響で、私もいっぱしのセナファンだったので、かなりのショックでした。
ちなみに2007年、このサーキットは F-1から撤退します。安全性が危ぶまれたのと、1国1ゲームのみ、ということで、正確には、サン・マリノではなくイタリアのモデナ市にあるのとで、廃止となってしまったそうです。


著者プロフィール
鈴木奈月 (Suzuki Natsuki) イラストレーター、エッセイスト
89年渡伊。フィレンツェ、ミラノ、カタンザーロに暮らし、現在はローマ郊外オスティア在住。イラスト&暮らしのエッセーを、本やウエブサイトに掲載する。昨年からは、ナイーヴ系イラストレーションをローマ市内のギャラリーなどで発表し、活動の場を広げている。
Natsuki Suzuki web site: www.natsuki.deseptis.com
blog: http://peperoni.exblog.jp

主な書籍
「南イタリアお料理歳時記 マンマの味12か月」(NHK出版)
「イタリア・小さな街物語」(JTB出版)
「イタリア・パスタおいしい物語」(東京書籍)他多数

近年の主な活動
2011年4月 日本橋三越イタリアフェアー 出展
2011年4月 日伊文化交流サロン「アッティコ」パスクワのお料理教室
2011年8月 『PREMIO MASSIMO DI SOMMA』マッシモ ディ ソンマ賞 入選
2011年9月 GALLERIA DEGAS mostra collettiva
2011年10月 GALLERIA SAMAN mostra collettiva 『 IL COLORE DELL’ACQUA』

サン・マリノ共和国  Repubblica di San Marino データ


■交通アクセス
ローマ、フィレンツェ方面から国鉄で、ボローニャ乗り換えリミニまで。
ミラノからもボローニャ経由でリミニまで。
リミニ駅からは、バスが1時間に1本ほどでている。所要時間は約1時間。
ローマのTiburtina駅からリミニまでBONELLIBUS社の長距離バスもでている。1日3本、所要時間は約5時間。

イタリア国鉄サイト www.trenitalia.com
BONELLIBUS社サイト www.bonellibus.it/

鈴木奈月さんの
JITRA連載オリジナル水彩画
 「サン・マリノ」を特別販売します



■作品名 「あっちこっち中部イタリア - サン・マリノ」水彩画
■額装サイズ 横43.8cmx縦33.8cmx高1.1cm
■価格 36750円(税込)
■箱 イタリアでの額装の為、保存箱なし
■お申し込み方法 
   インターネット、Fax、もしくは電話でのお申し込み
   Tel:047-354-0683   Fax:047-705-5660
■お支払い方法 銀行振込、郵便振替、代金引換払い、後払い、カード払いがご利用できます。
■お届け方法 宅配便にてお届け
■販売元  web shop「SALONE」:http://www.salone-studiofiori.com/
■お問い合わせ  studio FIORI e-mail: studio-fiori@w3.dion.ne.jp
   スタジオフィオリ 白井まで
   注:日本国内の発送に限らせていただきます。
   注:送料込みの価格です。(ただし沖縄、離島を除く)


あっちこっち中部イタリア - 鈴木奈月の絵画紀行
小都市を訪ねる旅 アルキーヴィオへ このページのTOPへ HOME PAGEへ

http://www.japanitalytravel.com
©  JAPANITALY.COM srl - MILANO 2000 All rights reserved.